「1人ゴルフ」の誕生★ 新しいスタイル | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコン東京TOP > 「1人ゴルフ」の楽しみ方【新しいスタイル】

「1人ゴルフ」の楽しみ方【新しいスタイル】

1人ゴルフ「1人ゴルフ」の誕生 新しいスタイル

明日急に休みなったからゴルフをしたいというニーズを受けて生まれたのが”1人ゴルフ予約”のサービス。

「ちょっと前までは『ひとりでゴルフに行くなんて寂しい人だな』と思われがちだったと思います。でも、誰でも参加できるオープンコンペだと、1人の方も参加しやすい。毎回、40〜50人ほどのゴルファーのみなさんが腕を競っています」

『仲間がいなくて人数が集まらないけど、ゴルフが好きだ』という人が多い。そんな人が1人予約を利用して、ゴルフを楽しんでいらっしゃいます。同じ趣味を持つ人同士ですから、初対面でも気まずくなることは少ないようですね」

通常、ゴルフのラウンドの人数は4人。ただ、他の同伴者とスケジュールを合わせようとすると、どうしてもプレーをする機会が減ってしまう。

最近では、「どうしても他の人とスケジュールが合わない」「急に予定が空いたからゴルフに行きたい」「1人で集中したい」というプレイヤーのニーズに合わせ、1人予約でも他のグループと組み合わせてくれたり、曜日によっては1人ラウンドを受け付けてくれたりするゴルフ場も増えてきた。

これまでのネットのゴルフ予約は、あらかじめ一緒にラウンドする仲間を集めて“組”を予約するものでした。一方のゴルフ1人予約は、読んで字のごとく、組の中の1人分を予約して、同じスタート時間に予約したゴルファー同士でラウンドできるサービスです。

1人でも気軽にゴルフ予約ができるため、「同伴者が見つからない」「急に休みが決まったので、ゴルフしたい」などのゴルファーに、ひそかに浸透してきているサービスです。

・1人ラウンドをする場合の注意点
1人ラウンドをする場合の注意点は、複数人でプレーする時と同様だ。1人でプレーしていて前の組に追いついてしまったからといって、せかすような真似はしないように気をつけたい。逆に、後ろのグループが追い付いているのに、ゆっくりとプレーするのも禁物だ。

1人ラウンドはまず、ある程度コースに慣れている人が利用するのが妥当だろう。技術が低かったり、ルールやマナーを知らなかったりするような初心者が1人ラウンドしていると、他の利用者に迷惑をかけてしまう。実際、会員権を持つメンバー以外は1人ラウンドを受け付けていないゴルフ場もある。