アイアンでボールが上がらない? 原因はコレ | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > アイアンでボールが上がらない? 原因はコレ

アイアンでボールが上がらない? 原因はコレ

# #

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

アイアンでボールが上がらないという悩みは、初心者ゴルファーや女性ゴルファーに多い悩みではないでしょうか。

アイアンでボールが上がらないと、ボールを止めにくいですし、飛距離も出ません。

適正な飛距離が出なければ、距離感を合わせることができませんし、やはりアイアンショットは、ある程度の高さが必要であり、初心者ゴルファーからアベレージゴルファーがスコア上達するまでの課題となります。

アイアンでボールが上がらない理由はいくつかありますので、1つ1つ原因を探ることが大切です。

アイアンで球(ボール)が上がらないのは「ヘッドスピードのせいじゃない」

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ヘッドスピードが遅い人や非力な人はアイアンで球を上げることができないというイメージがありますが、そうではありません。

ヘッドスピードの速さはアイアンでボールを上げるための1つの要素ですが、それだけではありません。

アイアンにはロフト角がありまして、基本的にはロフト通りにインパクトをすれば、それなりにボールは上がります。

アイアンでボールが上がらないという人は、「ロフト角通りのインパクトができていない」ということが最も大きな原因ではないでしょうか。

「どうやったらロフト角通りのインパクトができるのか」という点がアイアンでボールを上げるための大事なポイントとなります。

ボールの「位置」をしっかりとチェック

アイアンショットにおけるボールの位置は、「スタンスの真ん中かボール一個分右」と言われていますが、基本通りにできているかチェックが必要です。

ボールを右に置きすぎればロフトが立ってインパクトを迎えやすいのでボールは上がりにくくなりますし、ボールが左足寄りに置いてあると、アッパーブローのスイングになりやすく、ボールが上がりづらくなります。

ボールを上げようとするから上がらない

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

「ボールを上げようとするから上がらない」という言葉があります。

これは、初心者ゴルファーが陥りやすいミスで、「ボールを上げたい!」という意識が、スイング自体をアッパースイングに誘導します。

所謂、すくい打ちの状態は最も悪く、飛距離も高さもでません。

理想的なアイアンショットの軌道は、スイングの最下点よりも手前でインパクトを迎えますが、すくい打ちはボールの手前でスイングの最下点を迎えるのでクラブが上昇している状態でインパクトを迎えます。

このような状態でインパクトを迎えると、ボールは上がりませんし、トップなどのミスも出やすくなります。

ボールを上げたければ、ダウンブローのインパクトを意識するべきです。

「ダウンブロー」とは、スイングの最下点より手前でボールをインパクトする打ち方で、イメージとしてはボールを上から叩きつけるようなスイング軌道です。

アイアンショットにおいては、ダウンブローで打つのが理想的であると言われていて、多くのプロゴルファーはダウンブローでアイアンショットを打ちます。

プロゴルファーのショットを見ていると、ボールを打った後に芝が前に飛んで行きます。
「ターフをとる」と言いますが、ダウンブローで最下点より手前でインパクトを迎えてその後に最下点を迎えるからこそターフが取れます。

プロゴルファーのような理想的なダウンブローでインパクトを迎えるのはすぐにはできないかと思いますが、アイアンショットでボールが上がらない人は、一度極端にボールを上からたたくようなイメージでインパクトを迎えてみてはいかがでしょうか。

極端にやれば、おそらく、極端にバックスピン量が増える所謂ふけ球になるとは思いますが、多分ボールは上がると思います。

時には、極端にスイングを変えてみるというのもスイング改善のヒントになると思います。

ロフトが立った状態でインパクトを迎えると上がらない

アイアンショットにおいてロフトが立った状態でインパクトを迎えるのは、悪いことではありません。

ある程度、ロフトが立った状態でインパクトを迎えた方が、飛距離も出やすいです。

ただし、ロフトが立ちすぎると、ボールが上がらない原因となります。

ロフトが立つとは、どのような状態であるかというと、ロフトが目標方向に向いて傾いている状態です。

イメージとしては、ハンドファーストでインパクトを迎えるとロフトが立ってきます。

ロフトが立つことは、悪いことではなくむしろ、良いことですが、ロフトが立ちすぎると球が上がらない原因となることを頭に入れましょう。

対策としては、アドレスに注目。

アイアンで球が上がらないという人は、アドレスで極端なハンドファーストになっていないか確認してください。

ハンドファーストは理想的なインパクトの形であると言われていますが、球が上がらない人に関してはハンドファーストの構えを少し緩めることで球が上がるようになるかもしれませんよ。

ボールが上がらないのは道具のせい?

スイングに問題がなければ、「自分に合った道具を使っているか」という点を確認してみましょう。

具体的には、「シャフト」と「ヘッド形状」です。

シャフトを自分に合ったものにする

アイアンショットでボールを上げるためには、ある程度のヘッドスピードとバックスピン量が必要です。

アイアンのシャフトは、大きく分けて

  • スチールシャフト
  • カーボンシャフト

の2種類があります。

スチールシャフトとカーボンシャフトの違いは、以下のようになります。

■ スチールシャフトよりカーボンシャフトの方がしなる

スチールシャフトよりもカーボンシャフトの方がシャフトのしなりを感じることができます。

簡単に言えば、ヘッドスピードが速い人は必要以上にしならないスチールシャフトの方が合っている傾向があり、ヘッドスピードが遅く、シャフトをしならせることができないゴルファーはカーボンシャフトを使用することでシャフトをしならせることができます。

■ スチールシャフトよりカーボンシャフトの方が軽い

一般的には、スチールシャフトよりもカーボンシャフトの方が軽いので力のないゴルファーはカーボンシャフトの方が振りやすいと感じるかと思います。

やはり、球を上げるためには前述したとおり、ある程度のバックスピン量が必要であり、そのためには、ヘッドスピードが必要となりますので力のない人は、カーボンシャフトに変えた方が、ヘッドスピードが速くなり、ボールを上げやすくなるかもしれませんね。

クラブが重いとボールが上がらない

アイアンのクラブの重量が重いと、当然ですがヘッドスピードが上がりません。

クラブ選びの基本として、「振り切れる範囲で重いものを選ぶ」ということがありますが、これは結構漠然とした表現で、実際のところ振り切れているのかどうかという点は自身の感覚でしかありませんから、アイアンでボールが上がらないと感じている人は、一度確認してみると良いかもしれません。

アイアンの総重量の基準としては、7番アイアンですと380g~440g程度であると言われています。

クラブヘッドの重さはそれほど変わらないと思いますから、総重量を調整したいならシャフトを変えるのが最も簡単な方法であるかと思います。

広告 放置少女 さあ、今すぐ放置少女の世界へ飛び込もう!
ダウンロード

球が上がりやすい「中空構造アイアン」3選

構造としてはアイアンのクラブフェイスの内部が空洞になっていて、ボールを上げやすい構造となっています。

もし、アイアンでボールを上げるのが苦手だという人がいれば、このような中空構造のアイアンを利用してみると改善するかもしれません。

昔は、中空構造のアイアンは、何となく初心者ゴルファーが使うアイアンというイメージでデザインも中空構造であることがすぐにわかる印象でしたが、現在は見た目的にアスリート仕様のように見えるものも多く、使いやすくなっています。

タイトリスト T400 アイアン

タイトリストと言えば、アスリートゴルファー向けのアイアンというイメージが強く、初心者ゴルファーは少し手を出しにくいブランドイメージですが、T400アイアンは、初心者ゴルファー~アスリートゴルファーまで幅広い層に適合するモデルです。

大きめのヘッドと厚いソールで見た目的にもやさしい印象を持つことができるのですが、やはりタイトリストですから、デザイン的にカッコよく仕上がっています。

飛距離追求型のアイアンですからしっかりとボールも上がりやすいですし、どちらかと言えばユーティリティを打っているようなイメージで打つことができます。

ピン G710 アイアン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピン ゴルフ G710 アイアン 単品 NS PRO 950GH ネオ neo スチールシャフト PING 左用あり
価格:20240円(税込、送料無料) (2021/3/20時点)

楽天で購入

 

キャッチコピーは、「飛び系なのに、ズルい」

飛距離も出るし、ミスにも強いといういいところどりのアイアンという意味ですね。

このアイアン、ヘッドの色が黒いという珍しいデザインで、これがカッコいいです。
中空構造のアイアンは、一般的にヘッドが大きいのですが、カラーが黒なので実際の大きさよりも少し締まって見えるのがアスリートモデルのような感覚があります。

テーラーメイド SIM2 MAX シム2 マックス

低重心設計により高弾道を実現。

さらにキャップバックデザインによりソフトな打感を実現しているので、フォージドアイアンのようなイメージで打つことができます。

中空構造に少し物足りなさを感じる人もこのアイアンなら満足できるかもしれませんね。

ミスヒットにも強く、高弾道、適正なスピン量で多くのゴルファーに適合するモデルです。

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

アイアンでボールが上がらない理由は、やはり技術不足が大きいでしょう。
特に初心者ゴルファーは、球を上げようとしてすくい打ちになる傾向がありますから、“ボールを上げようとする意識が強いほどボールが上がらない”という状況を作ってしまいます。

このようなすくい打ちを防止することが、アイアンでボールを上げるための第一歩ではないでしょうか。

後は、道具の選定ですね。

アイアンでボールが上がらない理由は、技術不足ですが、道具による部分も少なからずあります。

ボールを上げやすいクラブやシャフトの選択が大事ですね。

# #

Golfkon Tokyo

ゴルフコン東京は、人気のゴルフを一緒に楽しみながら男女の出会いを楽しめちゃうとてもお得なゴルコン。
東京都内にて毎月開催。
ゴル友作りに婚活に。
開催スケジュールはこちらから↓
ゴルフコン東京

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事