ショートアイアンとは?打ち方の基本【ゴルフ初心者】 | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > ショートアイアンとは?打ち方の基本【ゴルフ初心者】 

ショートアイアンとは?打ち方の基本【ゴルフ初心者】 

# # #

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ショートアイアンは、ゴルフのスコアを作るクラブです。

特に初心者ゴルファーは、難しいロングアイアンよりも比較的簡単なショートアイアンをしっかりと打てるようになっておくことで大叩きしにくくなります。

比較的簡単なショートアイアンですが、引っかけのミスなどが出やすく、ミドルアイアンは曲がらないのにショートアイアンだと引っかけるという人もいますから、通常のアイアンショットよりは少しイメージを変えた方が打ちやすいかもしれません。

ということで今回はショートアイアンの打ち方の基本について解説したいと思います。

ショートアイアンとは?

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ショートアイアンとは、比較的短い距離を打つクラブで一般的には

  • 「8番」
  • 「9番」
  • 「ピッチング」

のことです。

7番アイアンは、ミドルアイアンとも言えるし、ショートアイアンとも言えるということでどちらにも入ってきます。

ショートアイアンは、比較的簡単なクラブで球も上がりやすいのでアベレージゴルファーでもピンをデッドに狙っていけるクラブであり、スコアに直結するクラブであると言えます。

難しいロングアイアンよりも簡単なショートアイアンはしっかりと使えるようにしておきたいですね。

アマチュアゴルファーが使う頻度が高いのもショートアイアンの特徴。

例えば、短い距離のミドルホールのセカンドショットやロングホールのサードショットでしっかりとグリーンに乗せられるかどうかがスコアに直結します。

このような場面で引っかけたりダフってしまうことで、チャンスが潰れてしまうのがゴルフの難しいところですが、このような場面でしっかりとグリーンに乗せられる技術をつければゴルフのスコアは自然と良くなります。

ショートアイアンは「フルスイングしない」

ショートアイアンは、フルスイングしないのが基本です。

フルスイングすれば、飛距離は伸びますが、ショートアイアンにおいて重要視すべきは飛距離ではなく、方向性であるからです。

例えば、ピッチングウェッジでフルスイングすれば130ヤード飛ぶ人は、コンパクトなスイングで120ヤード飛ばすようにした方が、方向性が良くなるはずです。

ショートアイアンは「縦振り」が基本

あくまでイメージとしてですが、ショートアイアンを打つ時は、「縦振り」を意識しましょう。

ドライバーショットのように横から払い打つようなイメージでスイングするとショートアイアンにおいてはフックしやすくなります。

やはり、上から打ち込むイメージ、ダウンブローで打つことがショートアイアンのポイントですが、上から急激に打ち込みすぎるとクラブが鋭角に入りすぎて距離が出ませんので注意が必要。

“緩やかなダウンブロー”を意識して縦振りスイングをすることがショートアイアンのポイントですね。

ショートアイアンのボールの位置は?

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ショートアイアンを打つ時のボールの位置ですが、基本的には「スタンスの真ん中」

にボールを置くことが理想です。

特にすくい打ちになってしまう傾向がある初心者ゴルファーは、ボールを左足寄りに置くことは厳禁です。

左足寄りにボールを置くと、すくい打ちになってしまうことが多く、ダウンブローで打ちにくくなるからです。

また、実際のラウンドの傾斜がついている状況から打つ場合は特にダフリやトップの原因となります。

ボールの位置は真ん中が基本ですが、すくい打ちになってしまう傾向がある人はボール一個分右足寄りに置いてみても良いかと思います。

ボールを右足寄りに置くと、ダウンブローで打ちやすくなり、ミスも少なくなるはずです。

ショートアイアンの引っかけのミス 改善方法3選

ショートアイアンの特有のミスとして、“引っかけ”があります。

引っかけとは、目標方向よりも左に飛んで左に曲がってしまうミスであり、OBやトラブルになる可能性が高いミスです。

ドライバーでナイスショットしても100ヤード以内から引っかけのミスが出るとガッカリしますよね・・

でも多くのアベレージゴルファーは、100ヤードをしっかりと打つことができないです。

ショートアイアンは構造上、引っかけが出やすいので意識して引っかけを防止することが大切です。

フルショットしない

ショートアイアンは、“フルショットしない”これも引っかけの防止対策になります。

ショートアイアンは、飛距離よりもしっかりと方向性を出すことが大事ですから、飛距離を10ヤード落としてもコンパクトなスイングで方向性を出すことに意識を置くことが大切です。

コンパクトなスイングとは、バックスイングよりもフォローを意識すると良いですね。

バックスイングは変えずに、最後まで振り切らず、イメージとしてはインパクトでスイングを止めるような打ち方が理想的です。

この時に目線は上に上げず、体の回転だけでボールをヒットする感覚でスイングします。

飛距離が心配なら番手を一番手上げて打つと距離も合ってきます。

ウィークグリップで打つ

ウィークグリップとは、左手の甲が目標方向に向くようなグリップの握り方ですね。

l 左手は、左手のこぶしが1~2個見えるような形で握ります。
l 左手の親指と人差し指でできたV字が顎を指すように握る。

ウィークグリップは、フェイスを返しにくいので結果として、引っかけの防止対策となります。

ポイントは、“左手のこぶしがいくつ見えるか”です。

極端なウィークグリップは現在ではあまり採用されていませんが、例えば左手のこぶしが3個見えるような超フックグリップで握っている人が、左手のこぶしが2個見える程度に調整することで引っかけを防止できることもありますので、微調整することが大事ですね。

クラブによってグリップを変えることは、あまりオススメはできませんが、ショートアイアンに限らず、全てのクラブで引っかける傾向がある人にはオススメです。

体でスイングする

ショートアイアンのように短いクラブになるほど、「手打ち」になりやすいという傾向があります。

手打ちとは、体の回転を使わずに手だけでスイングすることです。

体が止まってしまうと、クラブはアウトサイドイン軌道を描き、クラブが被った状態でインパクトしやすくなります。

このようなスイングは目標方向よりボールが左へ飛び出し、左へ曲がる弾道、つまり引っかけを誘発します。

ゴルフスイングの難しいところですが、“ボールに当てたい”とか“真っすぐ飛ばしたい”という思いが強くなるほど、体の回転や体重移動を使わずにスイングしたくなります。

でも実際は体が止まってしまうと、スイングが窮屈になってしまい、真っすぐ飛ばないし、ボールにも当たりづらくなるのです。

短いクラブのスイングこそ、体の回転でスイングをすることが大切です。

ショートアイアン スタンスは?

初心者ゴルファーがショートアイアンを打つ時に迷うことは、「オープンスタンスにした方が良いか」という点ですね。

プロゴルファーなどを見ていると、ショートアイアンはオープンスタンスにしているプロが多いように見受けられます。

これは、オープンスタンスにすることでショートアイアンの弾道がフェード系になるためグリーンで止まりやすいからではないかと思われます。

では、アマチュアゴルファーではどうでしょうか。

しっかりとボールを捕まえることができる上級者ゴルファーは、オープンスタンスにしてフェードをかける技術を使うのも良いと思いますが、基本的にボールを捕まえる技術が乏しいアマチュアゴルファーがオープンスタンスにすると、ボールを捕まえきれないでフェイスが開くことでロフト通りの弾道が打てない可能性が高くなります。

となると、無理にオープンスタンスにしないでスクウェアにスタンスした方が良いのではないかと思います。

大事なのは、スタンスの「幅」。

ショートアイアンにおいては、“スタンス幅を狭くする”のが正解です。

スタンス幅が広いとどうしても腕力に頼ったスイング、つまり手打ちになるという傾向があります。

クラブが短くなるほどスタンス幅は狭くなるのが正解です。

グリーン周りのアプローチなどはほぼ両足をくっつけてスタンスして問題ありませんし、9番アイアンなどのショートアイアンは、スタンス幅20cm程度で打つことで体の回転を使ったスイングになりやすいです。

「ショートアイアンはスクウェアスタンスでスタンス幅は狭くする」

というのが、1つのポイントとなります。

広告 放置少女 さあ、今すぐ放置少女の世界へ飛び込もう!
ダウンロード

覚えておいて損はない?「パンチショット」を練習しよう

パンチショットとは、ゴルフスイングの技術のひとつでライン出しショットの一部です。

ボールは右足寄りに置きます。

ボールを右足寄りに置くことでロフトが立ちますので、通常の番手よりも低い弾道のショットがでます。

スイングはコンパクトに、インパクトでスイングは終了するのでフォローはとりません。

一見、難しい技術のように見えますが、やってみるとそれほど難しくないです。

むしろ、スイングがコンパクトになりますので、アマチュアゴルファーはミート率が上がると思います。

イメージとしては、スリークウォータ―スイング、インパクトでスイングを止めるような形で打つと上手くいきます。

ここでも大事なのは、手だけで打たないで体の回転をしっかりと使って打つことです。

弾道は低くでますが、方向性は安定しますので、強風の時や、林の中からのレイアップ、ライが悪い状態からのショットなどでこの打ち方を覚えておくと重宝します。

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ショートアイアンは、一見簡単なショットに見えますが、引っかけ、ダフリ、トップなど多くのミスがでますので注意が必要です。

ただし、しっかりと練習することで結果がでやすいクラブであると思いますので、練習のしがいがあります。

初心者ゴルファーが100をきるためには、ショートアイアンをしっかりと打てるようにするのが近道だと思いますので、是非、参考にしてみて下さい。

# # #

Golfkon Tokyo

ゴルフコン東京は、人気のゴルフを一緒に楽しみながら男女の出会いを楽しめちゃうとてもお得なゴルコン。
東京都内にて毎月開催。
ゴル友作りに婚活に。
開催スケジュールはこちらから↓
ゴルフコン東京

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事