ゴルフグローブの正しい選び方【はじめての買い物編】【ゴルフ初心者】 | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > ゴルフグローブの正しい選び方【はじめての買い物編】【ゴルフ初心者】

ゴルフグローブの正しい選び方【はじめての買い物編】【ゴルフ初心者】

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

ゴルフグローブは、ゴルフをやるなら用意したいアイテムです。
ゴルフグローブもいくつか種類があり、素材の違いでメリット・デメリットがあります。

実際にゴルフをラウンドする時に片手だけにゴルフグローブをつける人がほとんどですが、場合によっては両手にグローブをつける人もいます。
更に、ゴルフグローブをつけない人もいますね。

ゴルフグローブは必要なのかを含めて、今回はゴルフグローブについて説明したいと思います。

 

 

ゴルフグローブは必要?

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

ゴルフをするのにゴルフグローブが絶対に必要かどうかと問われれば、絶対に必要とまでは言えないという答えをするしかありません。
実際にアニカソレンスタムのような超有名選手がグローブをしていないという事実もありますからね。

ただ、ゴルフグローブをするメリットは大きいと思います。
・グリップ力が上がるので飛距離がアップする
・マメが出来にくくなる
・スイングした時にクラブが滑らない
などのメリットがあります。

一方で違和感を覚えるなどのデメリットもありますが、ほとんどのゴルファーがグローブをするのは、デメリットよりもメリットの方が大きいと考えるからでしょう。

 

ゴルフグローブの素材 天然皮革のメリット・デメリット

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

ゴルフクラブの素材を大きく二つに分けると天然皮革と合成皮革があります。
それぞれにメリット・デメリットがありますから、それらを見極めて自分に合ったグローブを選ぶことが大事です。

天然皮革は、
・グリップ力が強い
・ つけ心地が良い
というメリットがあります。

一方で、
・耐久性が劣る
・ 水や汗に弱い
・価格が高い
というデメリットがあります。

個人的には、天然皮革は水洗いができないのでメンテナンスが大変であるというイメージが強いですね。

 

ゴルフグローブの素材 合成皮革のメリット・デメリット

合成皮革のメリット・デメリットは、天然皮革のメリット・デメリットの逆となります。
つまり、
・耐久性が良く、水や汗に強い
・価格が安い
というメリットがある一方で、
・グリップ力が弱い
・フィット感が劣る
というデメリットがあります。

天然皮革と合成皮革のメリット・デメリットは以上ですが、最近では天然皮革を使っているのに安いゴルフグローブもありますし、中には天然皮革と合成皮革の両方を使用したゴルフグローブなどもありますから一概には言えませんね。

ただし、自分に合ったゴルフグローブを探すためにもこのように素材によってメリット・デメリットがあることは記憶しておいて損はないはずです。

 

ゴルフグローブは片手につける?両手にもつけていいの?

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

右打ちを前提に考えると、ゴルフグローブは左手に装着するものだというのが一般的です。
やはりゴルフグローブをする大きな理由は、グリップ力の向上です。
グリップに接しているのはほぼ左手ですから、左手にグローブをつけるのです。

また、右手や両手にグローブをすると、スコアカードが書きにくいからという説もあります。

両手にグローブをする人は、女性に多いですね。
女性が両手にグローブをする理由としては、日焼けやマメの防止という理由が強いと思われます。

 

迷ったらコレ!オススメのゴルフグローブ3選

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

グローブを選ぶための基準としては、機能性、価格、ファッション性などいろいろな要素があります。
安いからと言って、素材の悪いグローブを購入するとすぐに破れてしまって、逆に高くつくこともありますから注意が必要です。

フットジョイ StaSof

フットジョイ ステイソフ ゴルフグローブFOOT JOY StaSof FGSS17 あす楽
価格:1728円(税込、送料別) (2019/7/18時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴルフグローブメーカーとして人気が高いのがフットジョイ。
その中でも
StaSofは、天然皮革の中でも最高級素材エチオピア・シープを使用しているのでなめらかなフィーリング、しっかりとしたグリップ力に期待ができます。

手の甲部分の可動域にパワーネットメッシュを採用し通気性を良くすることで天然皮革のデメリットを克服したグローブです。
コストパフォーマンスが高いゴルフグローブです。

ブリヂストンゴルフ グローブ GLG75J

人気のブランドであるブリジストン ツアーBのゴルフグローブです。
手のひらにシリコンプリントを施したものを使用することでグリップ力を高めています。
更に、全天候型ですから雨の日でも安心して使用することができます。

機能性が高いグローブでありながら、1000円以下で購入することができるコストパフォーマンスの高さが魅力的です。

キャロウェイ Tour Authentic 18JM

非常に高級感があるゴルフグローブです。
フィット感を重要視した構造で最高級の天然皮革を使用しているので見た目からして高級感がありますよね。
更に、撥水するような加工が施されているので水に弱いという天然皮革のデメリットを克服しています。

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

素手でゴルフクラブを握るのも禁止されているわけではありませんし、違和感を覚えずにクラブを握ることができるというメリットがありますが、やはりトータル面で考えればゴルフグローブをした方が良いかと思います。

ゴルフグローブをすることでグリップ力の向上、マメの防止など多くのメリットがあるからです。
ゴルフグローブにも種類があるので、何となくグローブを買うのではなくそのグローブの特徴を見てグローブを購入することが大切です。

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事