ドライバーの打ち方 ゴルフ初心者にありがちな注意点と基本 | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > ドライバーの打ち方 ゴルフ初心者にありがちな注意点と基本

ドライバーの打ち方 ゴルフ初心者にありがちな注意点と基本

# # #

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ゴルフ初心者が最も苦労するのがドライバーです。

ドライバーが右へ左へと散らばってしまうと、中々良いスコアを出すのは難しいです。
OBもありますし、ドライバーの方向性が悪いと確実にスコアは悪くなります。

逆にドライバーの方向性さえ何とかすれば、初心者でも何とかスコアがまとまるはずです。
ドライバーの方向性を良くするためには、根本的に技術力を向上させることが大事ですが、考え方を変えるだけでドライバーショットを変えることもできます。

特に初心者ゴルファーはドライバーショットに対する考え方が間違っていることがあるので注意が必要です。
ということで今回はゴルフ初心者にありがちな注意点を解説したいと思います。

 

ドライバーショット ティーアップする意味を考える

ドライバーショットが他のショットと違うところの1つにティーアップするという点があります。
本来ならば、ドライバーショットはティーアップするのでほぼ練習場と同じように打てるはずです。

ただ、練習場と同じようには中々打てないというのが現実です。
初心者ゴルファーがまず、注意して欲しいのはティーアップの高さです。

できれば、練習場と同じ高さにティーアップすると良いですね。
そして必ず、同じ高さにティーアップすることが大事です。
高さについて良くわからなくなったら、“アドレスした時にドライバーのヘッドからボールが半分程度出るくらいの高さ”が基本となります。

初心者こそ飛距離よりも方向性を重視

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ドライバーは飛ばすクラブですが、初心者ゴルファーが飛ばそうとすると方向性が悪くなるというのが良くある光景です。

初心者ゴルファーほどドライバーを振ります。
100%どころか120%で打とうとするのが初心者ゴルファーです。
70%程度の力で打つのがゴルフ上級者。

ドライバーは、飛距離よりも方向性ということは必ず頭に入れておきましょう。

右を向いていませんか?狙った方向に構えるコツ

初心者ゴルファーが良くあるミスとして、ショットは良かったのに向いている方向が違うというパターンです。
OB方向にアドレスして真っすぐOB方向にボールが飛んで行くというような場合もあります。

経験値がないとティーグラウンドから見える風景で目の錯覚を起こすことがあります。
初心者ゴルファーは特に目標方向よりも右側を向いてしまう傾向があるので気をつけなければなりません。

ポイントはスパッド。
ティーアップした後は、ボールの延長線上にゴミや葉っぱ等の目印を見つけてボールと一直線の線を作ります。

風景は見ないでその直線に対して平行にアドレスすることが大事ですね。

しっかりと体を回していますか?

初心者ゴルファーが良くやってしまうドライバーのミスとしてテークバックで体を回しきれないという点がありますね。

ボールに当てたいという気持が強くなることで、バックスイングが浅くなり、いつもより体を回すことができなくなります。
バックスイングが浅くなれば当然スイングのテンポは速くなるのでミスの原因となります。

真っすぐボールを飛ばしたいなら、バックスイングでしっかりと体を回すことが大切です。

初心者は道具選びが大事!初心者にオススメのドライバー3選

初心者ゴルファーにとってドライバーショットは第一の関門です。
初心者ゴルファーにとっては特にドライバー選びは重要。
初心者ゴルファーに多いミスとしては、球が上がらない、スライスするというミスが多いですね。

それならば、球が上がりやすく球を捕まえやすいドライバーを選ぶことで大きな武器となりますよね。

テーラーメイド・グローレF

2017年発売と少し前のモデルですが、つかまりの良さとボールの上がりやすさには定評があるドライバーです。
まさに、名器と言っても良いかもしれません。

どちらかといえば、ドロー系の球筋が出やすい傾向があるので飛距離も出やすいドライバーであると思います。

ゼクシオ(XXIO)ドライバー XXIO X

簡単に飛ばすことができるドライバーの代表例と言っても良いでしょう。
やはり、ゼクシオシリーズは外せませんね。
ボールが上がりやすいですし、ミスに対する寛容性も高いドライバーです。

ある程度、オートマティックに真っすぐボールを打ちたいという人に向いているドライバーではないかと思います。

PING G400MAX

PINGのG400シリーズは、2017年に発売されましたが、PING400MAXは遅れて2018年に発売されています。
大型ヘッド460ccの大型ヘッドによってボールが高く上がり、スピン量も少ないという理想の弾道を打つことができます。

操作性よりも直進性を好むゴルファー、ドローヒッターよりもフェードヒッター向けのドライバーです。

まとめ

初心者ゴルファーにとっては、ドライバーショットの安定性が最重要課題です。

初心者ゴルファーがドライバーショットを上手く打つためのコツとしては、
ティーアップの高さを一定にする
飛距離よりも方向性を重視したスイング
アドレスで目標方向に正しく構える
バックスイングでしっかりと体を回す

このようなことを注意すると良いでしょう。
また、クラブによってもドライバーショットの成否が変わるので初心者向けのドライバーを選ぶことも大切です。

Golfkon Tokyo

ゴルフコン東京は、人気のゴルフを一緒に楽しみながら男女の出会いを楽しめちゃうとてもお得なゴルコン。
東京都内にて毎月開催。
ゴル友作りに婚活に。
開催スケジュールはこちらから↓
ゴルフコン東京

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事