基本を知ろう! ゴルフスイングの基本【脱ゴルフ初心者】 | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > 基本を知ろう! ゴルフスイングの基本【脱ゴルフ初心者】

基本を知ろう! ゴルフスイングの基本【脱ゴルフ初心者】

#

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ゴルフが上手くなりたければゴルフスイングの基本をしっかりと身につけるべきです。

特に初心者ゴルファーは、基本的なゴルフスイングを身につけることが最も大事であり、逆に基本的なゴルフスイングが身についていれば、多くの初心者ゴルファーの最初の目的となる100切りも難しくはないでしょう。

初心者ゴルファーが間違ったゴルフスイングを覚えて、それが身についてしまうと、直すのが難しいですから、初心者のうちにスイングの基本を身につけることが大切です。

基本的なゴルフスイングを身につけるためには、レッスンプロ等のコーチに教えてもらうのが最も効率的で簡単な方法であり、私の経験上でもレッスンプロに教わっている人は基本ができているという印象があります。

ただ、ゴルフスクールに通うのは時間的にも金銭的にも余裕がなければ実現しませんよね。

独学でもポイントさえ押さえれば、基本的なゴルフスイングは身につきます。

ということで今回はゴルフスイングの基本について解説したいと思います。

 

アドレス(構え)がスイングの基本

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ゴルフスイングの基本はアドレスであると言われています。

「アドレス」とは簡単に言えばボールを打つための構えです。

正直なところ、ある程度ゴルフをやっている人ならアドレスの時点でそのプレイヤーの実力がわかる、それくらいゴルフスイングにおいてアドレスは大事です。

スタンス

まず、スタンス。
スタンスとは、「両足の幅」のことであり、これは肩幅くらいを目安にします。

基本的には、スタンスが狭いと体重移動がしやすいですが、軸が崩れやすい、スタンスが広いと軸を安定させやすいですが、体重移動がしにくいというイメージですね。

アライメント

次に、アライメント。
アライメントとは、「構える向き」という意味です。

初心者ゴルファーは正しい方向よりも右を向きやすい傾向があるので注意が必要です。

目標方向に向かって構えると目の錯覚で構えにくいのでスパッドと呼ばれる目印になる草や石を見つけてそこに向かって構えると正しく構えやすいです。

最後に「前傾姿勢」と「軸の作り方」です。

初心者ゴルファーが陥りやすいミスがボールを見ようとしすぎて前傾角度が深くなりすぎてしまったり、アドレスの時点で右肩が前に出て、左足に重心が寄ってしまう傾向があります。

まず、膝を軽く曲げアゴを少し引く。
こうすることで前傾姿勢がやや浅くなります。

右肩が前に出ないようにするためには、軸を右に傾けるようなイメージが必要です。
ボールを右目で見る、クラブを握るときにまず左手でボールに合わせて右手を下から握ると右肩が前に出るのを防ぐことができます。

まとめると、

  • 基本的にはスタンスは肩幅を基準とする
  • スパッドを見つけてスパッドに対して平行に構える
  • 膝を軽く曲げアゴを少し引く
  • 左手でクラブを握りボールに合わせ右手は下から握る

この辺りを意識すると良いアドレスに近づきます。

バックスイングはゆっくりと

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

バックスイングのポイントは「ゆっくり」とクラブをトップの位置に持っていくことです。

ゴルフスイングの正しい軌道はインサイドイン軌道であると言われています。

つまり、クラブがボールより内側から降りてきてインパクト後は再び内側に抜けていくというスイング軌道ですね。

ただし、極端にクラブがインサイドから入射してくると、フェイスが開いたままボールに当たってしまうことでスライスなどのミスが出ます。

ですからバックスイングでアドレスから30㎝程度は真っすぐ後方に引くのが基本です。

アドレスから30㎝真っすぐ後方にクラブを引いてそこからコックを入れて体の内側にクラブを持っていくイメージです。

初心者ゴルファーはそのタイミングが打つたびにバラバラになりやすいのでゆっくりとバックスイングをした方が良いです。

トップはどの位置におさまる?

トップとはバックスイングからダウンスイングへ切り替える位置です。

トップの位置というのは、体型などによって違いますし、一般的にオーバースイングと呼ばれるトップの位置でも真っすぐ飛ばすプロゴルファーもいます。

ただ、初心者ゴルファーが目指すべき基本を言えば、大きすぎても小さすぎてもダメで、アドレスの方の位置を0度とすれば90度まで腕を上げ、左肩が顎に当たる位置がトップです。

トップの位置も大事ですが、トップで右足に体重を乗せることも大事ですね。

トップの状態で股関節右内側に体重を乗せるイメージを持つと良いです。

ダウンスイングでクラブを立てるポイント

ダウンスイングについては、クラブが立って下りてくるのが理想ですが、初心者ゴルファーがクラブを立てることを意識すると、スムーズなスイングができなくなります。

意識をしないで結果としてクラブが立って下りてくるのが理想的です。

そのためには、トップでできた手首の角度をインパクトギリギリまでキープするイメージとグリップをできるだけ柔らかく握るのがポイントです。

まあ、これについては高度なテクニックが必要ですから初心者ゴルファーはあまり意識しない方が良いかもしれません。

フォローで体重は左に寄るべき

スイングの基本は右から左への体重移動。

トップで80%以上右側に体重を乗せて、フォロースルーからフィニッシュにおいては体重が80%以上左側に乗るのが基本です。

フォローを大きくとることを意識するのと同時にトップでできるだけ体重を右側に乗せるのがポイントです。

スイングの基本が身につく素振りのやり方3選

スイングの基本は素振りです。

単純な練習方法ですが、多くのプロゴルファーやシングルプレイヤーが大事にしている練習方法です。

ただ、素振りだけだと飽きてしまうというデメリットがあります。
少し、工夫をするだけで、飽きずにポイントを抑えた効率的な素振りをすることができます。

タオル素振り

タオル素振りは昔から効果的な練習方法として取り上げられています。

やり方は簡単で、タオルの先を縛ってこぶ状にしてからタオルをクラブに見立てて素振りをするだけです。

タオル素振りは、自宅でも出来るというメリットと、しなりを体感できるメリットがあります。

また、切り返しのタイミングを体感できるというメリットもあります。

切り返しはゴルフスイングにおいて大事なポイントで、初心者ゴルファーはトップからどのようなタイミングでダウンスイングに入るのかわからないという人も多いかと思います。

タオルの先端が背中に当たった時に切り返すことで切り返しのタイミングをしっかりと覚えることができますからオススメです。

バット素振り

バット素振りも昔からある練習方法ですね。

こちらの練習方法も簡単で、単純にゴルフクラブをバットに持ち替えて素振りをするだけです。

ゴルフクラブは軽いです。
軽いものを振るとどうしても体を使わない手打ちになってしまうことがあります。

重いものは手先では振れません。
バットを振ることで、しっかりと体を使ったスイングを体感することができます。

初心者ゴルファーは体重移動ができないことが多いので、このような練習方法が効果的です。

目隠し素振り

目隠し素振りの効果は、「バランス感覚」を体感できるという点にあります。

視覚が遮られることで、バランスをとるのが難しくなりますから、全体的にバランスの良いスイングをせざるを得なくなります。

また、自分のスイングの欠点、例えば体の開きが早いですとか、左肩が前に突っ込んでいるなどが感覚的にわかるので自分の欠点を把握できるというメリットもあります。

効果的な練習方法ですが、くれぐれも周りに人がいないことを確認しましょう。

リズムを大切にすれば再現性が高くなる

理想的なゴルフスイングを習得するためには、ある程度の時間と経験が必要ですから、初心者ゴルファーは最初のうちは未完成なスイングでゴルフのラウンドに臨むことになります。

そんな時に気をつけるべきポイントは、スイングではなくリズムです。
初心者ゴルファーがあれこれスイングについて考えながらラウンドをしても良い結果は出ません。

初心者ゴルファーがラウンドする時は、リズムに気をつけてラウンドするようにしましょう。

再現性の高いスイングをするためには、常に同じリズムで打つ必要があるのですが、初心者ゴルファーこそこれができない傾向があります。

「イチ、ニー、サン」でも良いですし、少し古いですが、「チャー、シュー、メン」でも構いません。

初心者ゴルファーのラウンドは“常に同じリズムで打つこと”を頭に入れておくと良いです。

初心者ゴルファーのスイングが崩れる理由

初心者ゴルファーのスイングが崩れる理由は、いくつかありますが、代表的なものを挙げてみます。

ヘッドアップ

ヘッドアップは百害あって一利なし。ヘッドアップとはスイング時、無意識に頭が上がってしまうことを指します。

ヘッドアップしてしまう理由は、ボールの行方を見たいという意識と、ボールを上げたいという気持です。

ボールは上げるものではなく、上がるものです。

初心者ゴルファーは、クラブヘッドがボールに当たるまでボールを見るくらいの意識を持つと良いかと思います。

力み

「飛ばしてやろう」と思うほど、力みが生じます。

力みはスイングを崩します。

練習場では美しいスイングができていても、本番では自分でも信じられないくらいのひどいスイングになってしまうのは良くある話ですね。

力みをとる方法はいろいろありますが、昔からある代表的な方法、深呼吸、ストレッチなどは筋肉の緊張をほぐしてくれます。

アドレスの向き

アドレスの間違いは、初心者ゴルファーが陥りやすいミスでスイングを崩す原因となります。

例えばですが、初心者ゴルファーは目標方向よりも右を向く傾向があります。

目標方向よりも右を向いている状態で目標方向へ打たなければならないのですから、ボールを引っ張ろうとしてしまうことでスイングが崩れます。

アドレスの向きを正しくするポイントは、いくつかありますが、初心者ゴルファーであることを自覚している人は、“自分が思っているよりもやや左を向いて構える”ことを推奨します。

まとめ

ボールを飛ばす、方向性を高める、ゴルファーにとって目指すべきものは多々あります。

ゴルフをやればやるほど、スイングについて研究したくなりますが、やっぱり大事なことは基本です。

プロゴルファーのスイングを見ていても様々ですが、当たり前の事ですが、基本ができています。

ゴルフは、初心者にとって敷居が高いスポーツですが、基本さえできていればすぐに上達します。
今回紹介した方法を是非、試してみて下さい。

 

 

#

Golfkon Tokyo

ゴルフコン東京は、人気のゴルフを一緒に楽しみながら男女の出会いを楽しめちゃうとてもお得なゴルコン。
東京都内にて毎月開催。
ゴル友作りに婚活に。
開催スケジュールはこちらから↓
ゴルフコン東京

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事