ドライバーの振り遅れの原因を理解! | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > ドライバーの振り遅れの原因を理解!

ドライバーの振り遅れの原因を理解!

# #

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ドライバーショットはゴルフのショットの中でも難しいショットと言われています。
その理由の1つとして、“ドライバーショットは振り遅れが発生しやすい”という点があります。

ドライバーショットで振り遅れるとボールは右に出て右に曲がるゴルフのショットの中で最も危険な球筋になります。

球が右に出て右に曲がれば、OBになる確率が高くなるからです。

初心者ゴルファーは特にドライバーショットの振り遅れを改善することがスコア上達の近道になります。

ということで今回はドライバーの振り遅れの原因を徹底解析したいと思います。

ドライバーの振り遅れは最も危険な球筋が出る

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ドライバーショットの振り遅れのほとんどはプッシュスライスと呼ばれる右に出て右に曲がるスライスが出ます。

初心者ゴルファーに多く見られる球筋ですね。

ボールが右に出て右に曲がるのでOBになる危険性が高く、ショットの中では最も危険な球筋となります。

また、スピン量が多くボールを擦ってしまうため、弱い球筋になることが多く、飛ばない球筋となることが多いですね。

ドライバーの振り遅れとはどのような状態?

飛ぶ球筋は、インパクトでボールに対してクラブフェイスが正対しますが、ドライバーショットで振り遅れると、インパクトでボールに対してクラブフェイスが開いた状態で当たります。

つまり、ボールに対してクラブフェイスを戻せないので振り遅れと言われるのです。

アイアンショットでは振り遅れが発生しない初心者ゴルファーもドライバーショットになるとどうしても振り遅れることが多いのは、ドライバーのシャフトが長いことが原因であると言われています。

ドライバーは、他のクラブに比べてかなり長いですよね。
クラブが長いとそれだけクラブが下りてくるまでに時間がかかりますから、クラブフェイスをボールに対して正対させることが難しくなります。

まずは、“ドライバーは振り遅れが発生しやすいクラブである”ということを頭に入れることが重要ですね。
とは言っても、正しいスイングができていれば振り遅れは発生しないわけで、振り遅れが発生するということはそれなりの原因があります。

原因は1つではなく、様々な要素がありますが、代表的なドライバーショットの振り遅れの原因を解説します。

リズムが早いと振り遅れる?

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

スイングのリズムが早い人は振り遅れる傾向があります。

ゴルファーには自分に合ったリズムがありますから、早いリズムが自分に合っている人もいることでしょう。

勘違いして欲しくないのは、早いリズムが振り遅れを誘発するのではなく、スイングをする過程で、トップで一瞬の間が生まれない人が振り遅れる傾向があると思います。

トップで間ができれば、下半身主導のスイングができますから、下半身リードで後からクラブが下りてきます。
クラブが後から下りてくればクラブフェイスをスクウェアの状態に戻しやすくなります。

クラブと体が一緒に下りてくると、クラブフェイスが開いたままボールに当たりやすくなります。

このような点で、間の作りやすさを考えると、ゆっくりとしたリズムでスイングした方が、切り返しの間が作りやすくなり、振り遅れの改善につながります。

スウェーは振り遅れの原因

スウェーとは、バックスイングで右側に重心が移動してしまうことです。

ゴルフスイングにおいてスウェーは、腰が左右に大きく移動します。
腰が左右に大きく移動すれば、当然、アドレスでセットしたクラブフェイスの位置に戻りにくくなります。

また、スウェーは、ダウンスイングで体が左側に流れてしまう原因となります。
ダウンスイングで体が左側に流れれば、当然腕がボールよりも先行してしまいますのでクラブフェイスは開きやすくなります。

力みが振り遅れを誘発する

振り遅れているなと感じた場合、ヘッドを返す動きをしたくなりますよね。

振り遅れはクラブフェイスが開いた状態でインパクトを迎えていることを考慮すると、確かに理屈的には“もっと早くクラブフェイスを閉じればいい”と考えてしまいがちです。

確かに理屈としては合っているのですが、このような意識を持ってスイングをするとクラブフェイスを返しすぎてチーピンが出たり、何故かさらにフェイスが開いてしまうこともあります。

クラブフェイスが返らないのは力みが関係しています。

特に最近のゴルフクラブは、クラブフェイスが閉じやすく設計されているので力みさえなければクラブフェイスは閉じるようになっているはずです。

練習場などで過度に力を抜いてドライバーショットを打ってみて下さい。
おそらくインパクトでヘッドは閉じてボールは左に行くはずです。

“振り遅れたくなければ、力みをとって軽く振る”
このような意識でスイングするようにしましょう。

ドライバーショット振り遅れを改善したいならココを意識すべし!

ドライバーショットの振り遅れを改善するためには、クラブフェイスを閉じてインパクトをすることが大事です。
クラブフェイスを閉じるポイントを挙げてみましたのでチェックしてみて下さい。

右手が左手を追い越すようにスイングする

“右手が左手を追い越すようにスイングする”
どういう事かと言えば、しっかりとリストターンをしましょうということです。

振り遅れている人のスイングを見ると、フィニッシュで左ひじが、曲がり左脇が開いている人が多いですね。

つまり、リストターンができていない人が多いです。

ただし、リストターン、つまり手首を返す動きを意識することはできるだけ避けましょう。
結果としてリストターンするというスイングが理想です。

インパクトで左肩を開かず体の正面でインパクトをすることができれば、自然とリストターンが身につきます。

リズムをゆったりしっかりと肩を回す

振り遅れるからできるだけトップをコンパクトにするという意識を持つ人がいますが、これはあまり良くありません。

トップで間が作りにくくなり打ち急ぎのスイングになることで更に振り遅れる傾向があるからです。

振り遅れたくないならば、しっかりと肩を回したスイングを意識しましょう。
更にリズムをゆっくりとすれば、肩をしっかりと回しやすいです。
また、トップで間ができるので自然と下半身主導のスイングとなりレイトヒットが身についていきます。

スタンスを狭くする

振り遅れないためには、しっかりと肩を回すことと、スウェーしないでその場で回転することが大切です。

スタンスを狭くすることで体が回転しやすくなり、その場で回転できるので上記の振り遅れの原因を改善することができます。

ドライバーショットの場合飛距離を出したいという意識が働きますので、いつの間にかワイドスタンスになっている可能性があります。

振り遅れのミスが多い人は、一度チェックしてみると良いですね。

道具で振り遅れている可能性もある

ドライバーショットの振り遅れを改善するためには、正しいスイングを身につけることが最も大切ですが、自分に合っていない道具を使っていることで結果的に振り遅れにつながってしまう場合もあります。

“道具の見直し”というのも振り遅れを改善する1つの方法です。

シャフトを変える

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ドライバーショットの振り遅れは、シャフトが原因である場合があります。
まず、シャフトの長さ。
標準的なドライバーのシャフトの長さは、45.75インチです。

初心者ゴルファーは上級者から譲り受けたドライバーをそのまま使用していることも多いので長尺ドライバーを使っている可能性もありますので、一応チェックしましょう。

基本的には、シャフトが長いほどヘッドが戻りにくいと考えて下さい。

次にシャフトの硬さをチェックしましょう。

自分のヘッドスピードに対して、シャフトが柔らかいとシャフトがしなりすぎて戻ってきにくい場合があります。

ゴルフクラブ量販店などでしっかりと自分のヘッドスピードを計測してもらい、自分に合ったシャフトのフレックスを選択することで振り遅れが改善するかもしれません。

また、シャフトのキックポイントも大切です。
一般的には、元調子よりも先調子の方が振り遅れにくいと言われていますので、振り遅れやすい人は先調子のシャフトにリシャフトするというのも1つの方法ですね。

ドライバーを変える

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

つかまりやすいドライバーを選ぶというのも振り遅れ防止対策としては有効ですね。
やはり、ドライバーによってはクラブフェイスが閉じやすい設計になっているものとそうでないものがあります。

例えば、ピンの「G410 SFT」や、キャロウェイの「マーベリックMAX」などは、ウエイトがドローしやすいヒール側に設計されています。

このようにクラブが閉じやすく設計されているドライバーを選ぶことでクラブフェイスが開いた状態でインパクトを迎える振り遅れを防止することができるかもしれません。

クラブフェイスのヒール側に鉛を貼るという手もありますね。
“ヒール側に鉛を貼るとクラブは閉じやすくなります”
このようなことも覚えておくと、いつか役に立つかもしれませんよ。

何はともあれ、ドライバーが振り遅れるという人は、一度自分のクラブをチェックしてみましょう。

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ゴルフのスコアを良くするということを考えたときに、初心者ゴルファーやアベレージゴルファーは、OBをなくすことが大切です。

そして、最もOBが出やすい場面はドライバーショットです。

その中でもドライバーショットの振り遅れは、最も危険な球筋が出やすいです。
振り遅れを改善出来れば、ティーショットがOBになる確率が低くなりますから、当然ゴルフのスコアは良くなります。

ドライバーショットの振り遅れの原因は、人それぞれである部分があり、原因は多種多様ですから日々の努力で改善していくしか方法はありませんが、時には道具を変えることで改善につながることもあります。

今回は、代表的なドライバーショットの振り遅れの原因をいくつか紹介しましたが、少しでも当てはまる部分があれば参考にしてみてください。

# #

Golfkon Tokyo

ゴルフコン東京は、人気のゴルフを一緒に楽しみながら男女の出会いを楽しめちゃうとてもお得なゴルコン。
東京都内にて毎月開催。
ゴル友作りに婚活に。
開催スケジュールはこちらから↓
ゴルフコン東京

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事