ゴルフキャディは何をしてくれるの?値段はいくら位? | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > ゴルフキャディは何をしてくれるの?値段はいくら位?

ゴルフキャディは何をしてくれるの?値段はいくら位?

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

セルフプレーが主流になりつつあるゴルフ業界。

ゴルフキャディをつけたことがないゴルファーも多く、「ゴルフキャディって何をしてくれるの?」という疑問を持っているゴルファーも少なくないかもしれませんね。

名門コースではゴルフキャディを必ずつけなければならないコースもありますし、トリッキーなコースに初めて行く場合は事故防止のためにもキャディをつけた方が良い場合もあります。

今回は、ゴルフキャディの仕事と値段などについて紹介したいと思います。

 

ゴルフキャディのアドバイスは的確

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ゴルフのラウンドでキャディをつける大きなメリットとして、コース攻略のアドバイスをもらえるという点があります。

ゴルフのスコアアップのポイントは、技術力の向上も大事ですが、コースマネジメントが大切です。
特に初めてラウンドするコースでは、ティーショットの狙いどころがわからないことが多いです。

特にコース全体を見ることができないブラインドホールでは、ティーショットの狙いどころは大事ですね。
ティーグラウンドから見た風景と実際のコースレイアウトは少し違う場合があります。

このような時にキャディをつけていると、ティーショットの狙いどころを的確にアドバイスしてくれるので安心です。

また、ベテランのキャディならグリーン上での微妙な芝目や傾斜をしっかりと教えてくれるので安心です。

ゴルフキャディは事故防止とスロープレー防止につながる

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ゴルフ場には特徴があり、フラットで見通しの良いゴルフ場もありますが、狭くて先が見えないゴルフ場もあります。
初めてラウンドするコースがトリッキーなコースだと、怖いのが打ち込みです。

打ち込みとは、前組がプレーしているところへボールを打ち込んでしまうことです。

特に打ち下しのホールでは、自分が思うよりもボールが飛んでしまうことがあり、大丈夫だろうとショットを打つと前組に打ち込んでしまうことがあります。

打ち込みはマナー違反であるのはもちろん、下手をすると大事故につながってしまう恐れがあります。
キャディをつけていれば、打っていいかどうかの判断をしっかりとしてくれます。

また、コースを知っているキャディは、打ったボールが大体どのあたりにあるか判断してくれますから、ボールを探す時間を短縮することができ、スロープレーの防止に役立ちます。

キャディさんに心付け必要?

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

基本的にキャディ付きでプレーをする場合にはキャディフィを払うので別に心付けを渡す必要はないのではないかと個人的には思います。

ただ、キャディさんに感謝の気持ちを伝えたいなら、心付けを渡すのもアリかと思います。

心付けは現金が一般的です。
所謂、チップというものです。
一般的には1000円~5000円程度が相場ではないかと思います。

ゴルフ場によっては、現金を渡すと断らないとならないところもあるようですから、そのような場合は、飲み物やお菓子などを買って渡すのも良いのではないかと思います。

キャディ付きプレー 値段は?

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

キャディをつける場合、一般的にはプレーフィとは別にキャディフィを支払うパターンが多いです。
キャディフィは、ゴルフ場によって違いますから要確認です。

一般的には、3000円~5000円が相場ではないかと思います。
3バッグだと500円増くらいの認識で良いかと思います。

初心者こそキャディをつけるべき!キャディをつける3つのメリット

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

何となく、初心者ゴルファーだからキャディをつけるのはちょっと・・と思っている人が多いような気がしますが、初心者ゴルファーこそキャディをつけるべきです。

初心者ゴルファーがキャディをつけることでメリットが多くあるからです。

プレー進行がスムーズになる

初心者ゴルファーが最も注意しなければならないのは、進行が遅れることです。
進行が遅れれば、スロープレーとしてマナー違反になりますし、後続の組やゴルフ場に迷惑をかけます。

だからと言って、技術力がない初心者ゴルファーがスロープレーにならないようにするためには、基本的にゴルフ場を走り回ることになります。

そんな時にキャディがいると、ボール探しも手伝ってくれますし、スロープレーにならないように上手くフォローしてくれます。

自分のプレーに集中できる

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ゴルフは、いろいろと気を使うスポーツでもあります。
同伴者に初心者がいれば、面倒を見なければならないですし、時には自分のプレーに集中できない時もあります。

そんな時にキャディがいれば、ゴルフに慣れていない人の面倒を見てくれるので自分のプレーに集中できます。
そう考えると、自分が初心者ではなくても同伴者に初心者がいるときはキャディ付きにするというのもひとつの方法ですね。

ルールを教えてくれる

初心者ゴルファーがキャディをつけて助かるのは、プレー中にルールを教えてくれるということですね。
ゴルフに慣れていないと、こんな時はどうしたらいいの?という場面が出てきます。

そんな時にキャディがいれば、適切な処置を教えてくれるので勉強になります。
コースによっては、ローカルルールという独自のルールがある場所もあるので、そんな時もキャディがついていれば、安心してプレーすることができます。

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

セルフプレーが主流になりつつあるゴルフ業界ですが、初心者ゴルファーがラウンドする時や初めてラウンドするコースではキャディをつけると安心してプレーをすることができます。

メリットを考えれば、キャディフィをそれほど高くはないと思います。

 

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事