ゴルフのコースデビューはいつ頃が良い? 初心者に優しいゴルフ場の条件  | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > ゴルフのコースデビューはいつ頃が良い? 初心者に優しいゴルフ場の条件 

ゴルフのコースデビューはいつ頃が良い? 初心者に優しいゴルフ場の条件 

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

ゴルフ初心者にとって初ラウンドは、楽しみでもあり、不安もあると思います。

コースデビューの不安を払しょくするためにも、初ラウンドはある程度練習をしてからするものというのが一般論であるようです。

また、ゴルフ場にも種類があり、ゴルフ初心者には敷居が高い難しいゴルフ場もあれば、ゴルフ初心者向けのゴルフ場もあります。

「どれくらい練習をしたら、コースデビューしていいの?」 「ゴルフ初心者向けのゴルフ場の特徴って何?」

このような疑問に対して簡単に説明したいと思います。

 

練習をせずにコースデビューは無謀?

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

練習をせずにコースデビューすることは、無謀なことなのでしょうか?

中には練習をしなくてもいきなりボールに当たる人もいますが、基本的にはゴルフは難しいスポーツです。

ゴルフの練習をしないでラウンドすると、多くの人はボールに上手く当てることができません。

となると、打ったボールは山や林の中、時には隣のホールへ飛んでいくことになり、コースの中を走り回ることになる可能性が高いです。

それでも良いなら練習をせずにコースデビューすることもできないことはないですが、一般的には無謀と言って良いですね。

ある程度練習をしてからコースデビューするのがマナー

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

コースデビューする前にある程度練習をするというのは、ゴルフのマナーです。

練習をせずにコースデビューすれば、左右にボールは散らばり、ボールを探す時間、ボールのある場所まで移動する時間、OBになって打ち直しをする時間を考慮すると、いくら急いでも時間がかかってしまいます。

それを待っている同伴者、後続の組のこと、ゴルフ場が推奨するハーフをラウンドする時間が2時間15分であることを考えればコースデビューする前にある程度の練習をしておくことはゴルフのマナーであると言えますね。

練習をせずにコースデビューするとゴルフが嫌いになる?

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

練習をせずにコースデビューするデメリットとして、ゴルフが嫌いになってしまう可能性が高くなるという点があります。

おそらく、ゴルフ初心者の方のコースデビューはある程度ゴルフをやっている人と一緒にラウンドすることになると思います。

練習をせずにコースデビューをすれば、130~150くらいのスコアになることが多く、ボールも左右に散らばるので同伴者や後続を待たせることになります。

スロープレーは基本的にはマナー違反。

マナー違反にならないようにするためには、自分が急いでプレーをしなければなりませんよね?

そうなると、ゴルフを楽しむ余裕なんてなくなります。

 

 

どれくらい練習をしてからコースデビューすればいいの?

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ゴルフ初心者は、ある程度練習をしてからコースデビューをした方が良いのですが、どの程度練習をしておけば良いのかという点は人それぞれですね。

一般的には、週に2回程度の練習を3か月ほどしてからコースデビューすることをオススメします。
練習をしっかりしてからラウンドをしても上手く打てるとは限りません。

むしろ、上手く打てないことが多いでしょう。

コースは練習場とは違い、独特の難しさがあるからです。
でも、たまに練習場でも打ったことがないようなボールを打てることがあります。

練習した成果が出た時の嬉しさは、練習をしなければわかりませんから、嬉しさを感じることができるという点も練習をするメリットです。

コースデビューする前にショートコースでラウンドするという方法もオススメです。
何となくですが、ゴルフの雰囲気を掴むことができます。

 

 

初心者にオススメのゴルフ場とそうでないゴルフ場

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

初心者がコースデビューする時は、どのゴルフ場を予約するかが大事です。

簡単に言えば、ゴルフ場には易しいゴルフ場と難しいゴルフ場がありますから、初心者がゴルフを楽しむためには易しいゴルフ場を選ぶことが大切です。

 

難しいゴルフ場と易しいゴルフ場がある?

ゴルフ場には、難しいコースもあれば簡単なコースもあります。
結論から言えば、初心者がコースデビューでゴルフを楽しむためには、初心者に優しい簡単なコースを選ぶことが大切です。

初心者のコースデビューにオススメのゴルフ場とは?

一般的には、

・距離が長いゴルフ場
・左右のOBゾーンが多いゴルフ場
・フェアウェイが狭いゴルフ場
・コースのアップダウンがキツイゴルフ場

このようなゴルフ場は難しいゴルフ場であると言われています。
ということは、難しいゴルフ場の特徴と逆のゴルフ場を選ぶことが、初心者がデビューするために重要なことです。

要するに、

・距離が短いゴルフ場
・OBゾーンが少ないゴルフ場
・フェアウェイが広いゴルフ場
・フラットなコースが多いゴルフ場

を選ぶことが大切です。

 

初心者ゴルファーにオススメ河川敷コースの特徴

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム
河川敷コースとは、川の河川敷に造られたコースです。

河川敷コースの特徴は、
・アップダウンが少なく、平坦なコースが多い
・木などの障害物が少ない
・直進性の高いコースが多い
・距離が短い
などがあります。

更に、河川敷コースは比較的プレー料金が安いという特徴があり、初心者がコースデビューするにはオススメのゴルフ場です。

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

初心者が練習をせずにコースデビューすると、同伴者へ迷惑をかけることに対しての心理的な負担や上手く打てない悔しさから、ゴルフを楽しむ余裕がなくなります。

ですから、時間が許す限りで良いのである程度練習をしてからコースデビューすることをオススメします。

初心者がコースデビューする時は、ゴルフ場選びも重要。できるだけ簡単なコースを選ぶことが、ポイントです。

オススメなのは、河川敷コース。
比較的フラットで障害物も少なく、更に料金が安いというたくさんのメリットがあります。

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事