違いはこれ!ドライバーの選び方 初心者向け【ゴルフクラブ】 | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > 違いはこれ!ドライバーの選び方 初心者向け【ゴルフクラブ】

違いはこれ!ドライバーの選び方 初心者向け【ゴルフクラブ】

# #

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ドライバーショットを安定させることは、初心者ゴルファーの最重要課題と言っても良いでしょう。

初心者ゴルファーに多いミスとしてスライスやボールが高く上がらないなどがあります。

ドライバーによって球の捕まりやすさや、ボールの上がりやすさが変わるのをご存知でしょうか。

自分に合ったドライバーを選ぶことができるかどうかで飛距離も方向性も変わってきますからドライバー選びは重要。

シャフトの硬さ、ロフト角、重さや長さなどドライバー選びには多くの要素があります。

ということで今回は初心者向けドライバーの選び方について解説をしたいと思います。

初心者ドライバーの選び方 シャフトの硬さと重さ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

初心者ゴルファーがドライバーを選ぶポイントとしてシャフトの硬さと重さがあります。

では、どのようにしてシャフトの硬さと重さを決めるかというと、基本的にはヘッドスピードが基準となります。

ヘッドスピードが速い人は、重くて硬いシャフトを、ヘッドスピードが遅い人は軽くて柔らかいシャフトを選ぶのが基本です。

シャフトの硬さをフレックスと呼びます。
L<A<R<SR<S<X
一般的なゴルファーならこの中からシャフトの硬さを選びます。
ヘッドスピードを基準とすると以下のようになります。

シャフトの硬さ ヘッドスピード
L 34m/s以下
A 32~36m/s
R 38~43m/s
SR 40~43m/s
S 42~48m/s
X 46m/s以上

 

シャフトの重さに関しては50~70gが一般的です。
重さを選ぶポイントは、「振り切れる範囲で重いもの」を選ぶのが良いですね。

基本的に自分のヘッドスピードに対してシャフトが柔らかいと高い弾道で曲がりやすい、シャフトが硬いと球が上がりにくい、飛距離が出ないという傾向があります。

ドライバーで飛距離を出すためには適正な弾道とスピン量で打つのがベストです。
シャフト選びを間違えると、ヘッドスピードの割には飛距離が出ないというような現象が起こりますので注意が必要ですね。

初心者ドライバーの選び方 ロフト角

ロフト角ですが、基本的にはインパクトした時にボールが飛び出す角度と考えて下さい。
初心者ゴルファーでヘッドスピードがそれほど速くないなら、11度以上のドライバーを選ぶべきです。

ヘッドスピード43m/s程度あるなら10度以上のドライバーも扱えるかと思います。
ヘッドスピードが43m/s以上あるなら10度以下も試す価値はあります。

初心者ドライバーの選び方 低重心のドライバーがオススメである理由

最近のドライバーで多いのが低重心設計。
初心者ゴルファーは、低重心ドライバーを選ぶべきです。

低重心とは、重心がクラブヘッドの下の方に設計されているものです。
芯の位置が低くなりますので、芯よりも上でボールを捉えやすくなります。

これにより、ボールは高く上がるけれどスピン量を抑えることができます。
高弾道低スピンというのは、最も飛距離が出る弾道です。

また、スピン量を抑えることは曲がりも減るということで、直進性が高いドライバーであるということも言えます。

やっぱり試打が大事!

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ある程度、ドライバー選びのポイントを紹介しましたが、基本的にはヘッドスピードが基準となりますからヘッドスピードを計測する必要があります。

やはり、試打が大事です。

ある程度の規模のゴルフショップなら試打をしてからドライバーを購入することができます。

もちろん、ヘッドスピードを計測することもできますし、シュミレーションで弾道を見ることもできます。
ドライバー選びは単純ではなく、ヘッドスピードだけでなくスイングのテンポや打ち方によっても微妙に自分に合うドライバーというものが変わってきます。

試打をして店員の意見を聞くことで自分に合ったドライバーを選ぶことができます。

2019年初心者向けドライバーはコレ!

初心者のドライバー選びですが、やはり捕まりの良さ、ミスに対する寛容性の高いドライバーを選ぶべきです。
技術力のない初心者ゴルファーのミスをクラブが助けてくれます。

テーラーメイド ドライバー M6

テーラーメイドのM6ドライバーの特徴としては、飛距離性能の高さがあります。
スピードインジェクションという独自の製造方法でルール適合内ギリギリの反発係数を実現していますから、とにかくよく飛ぶドライバーです。

更に、低重心化により捕まりの良さ、直進性の高さにも定評があります。
低スピンを実現して飛距離性能を高めるタイプのドライバーですから、ヘッドスピードがない人、球が上がらない人には少しハードスペックかもしれませんが、ある程度のヘッドスピードがあれば初心者でも十分使えるドライバーです。

プロギア ドライバー RS E

コンセプトはイージー。
プロギアのドライバーRS Eは、やさしくボールを捕まえることができるドライバーです。

新Wモーメント設計によってヘッドの左右上下の慣性モーメントを大きくすることを達成したことでミスに対する寛容性も高く、左右上下の打点のミスが多い初心者ゴルファーにオススメのドライバーであると言えます。

スリクソン Z585 ドライバー

スリクソンと言うと、アスリート向けのドライバーというイメージがありますが、スリクソンのZ585は、「ドライバーをゼロから作り直せ」というコンセプトをもとに設計されたドライバーです。

アスリートゴルファーからエンジョイゴルファーまで幅広い層で使用できるドライバーに生まれ変わったスリクソンのドライバー。

一度は試す価値があります。

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

初心者のドライバー選びは、

・シャフトの硬さと重さ
・ ロフト角
・重心位置

などを考慮して慎重に選ぶ必要があります。

基本的にはヘッドスピードを参考にしますが、単純ではなく様々な要素によって自分に合っているドライバーは変わってきます。

それでも、やはり初心者向けのドライバーはあります。
ゴルフは道具を使うスポーツ。
良いドライバーに巡り合えば初心者の技術不足をドライバーが補ってくれるはずです。

# #

Golfkon Tokyo

ゴルフコン東京は、人気のゴルフを一緒に楽しみながら男女の出会いを楽しめちゃうとてもお得なゴルコン。
東京都内にて毎月開催。
ゴル友作りに婚活に。
開催スケジュールはこちらから↓
ゴルフコン東京

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事