ゴルフ基本マナー 初心者必見!!これを知らないと恥ずかしい | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > ゴルフ基本マナー 初心者必見!!これを知らないと恥ずかしい

ゴルフ基本マナー 初心者必見!!これを知らないと恥ずかしい

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

ゴルフのルールブックの一番最初に書いてあることはなんだかご存知でしょうか?
実はエチケットについてなのです。
いろいろなスポーツがありますが、ルールの一番最初にエチケット、マナーについて記載されているスポーツというのは他に無いのではないでしょうか。
それほどゴルフではマナーが重視されているのです。
今回は知らないと恥ずかしいゴルフの基本マナーについてお話します。

 

基本中の基本!これはダメ

 

他の人が打つときは邪魔にならないように

これはまさに基本。
他のプレイヤーが打つときは、物音を立てたり視界に入ったりしないように気をつけましょう。
また、飛球方向の真後ろに立つのもマナー違反です。

 

グリーンではパッティングラインを踏まないようにしよう

グリーンにあがったら自分のボールだけではなく、全員のボールの位置に気を配らなくてはなりません。
特に初心者のうちは、やっとの思いでグリーンに乗ってほっとしてしまい、ついつい自分のボール以外目に入らなくなることがあります。
すると気が付かないうちに他のプレイヤーのパッティングラインを踏んでしまうことがあります。
特に自分があとからグリーンに乗った場合、他のプレイヤーのボールはすでにマークされていますので、余計にわかりにくいのですが、パッティングラインを踏むのは、かなり重大なマナー違反ですので、十分に注意しましょう。

 

自分のマークが邪魔になる?そんな時のマナー

グリーンで自分のボールをマークしたとき、そのマークが他のプレイヤーのパッティングライン上であることがあります。
その場合、マークを動かしてほしいと頼まれますが、どうしたらいいのでしょうか?
こんなときは、まず目印になる木など位置の目標になるものを決めます。
その目標とボールを一直線上で結んで、ボールの後方にパターヘッドを置きパターヘッドの分だけマークをずらします。
打つときには、さきほどの木を目標にしてパターヘッドを置けば元の位置にマークを戻すことができます。
うっかりマークを戻さないで打ってしまうとペナルティになりますので、気を付けましょう。

ゴルフコースを大切にしよう

 

目土ってなに?

最近はキャディさんをつけないセルフでのラウンドが増えてきました。
セルフラウンドの場合、フェアウェイで目土という作業をプレイヤーがする必要が出てきます。
フェアウェイでショットをしたときに芝生が削れて穴を掘ったような形になることがありますね。この穴をディボットと呼ぶのですが、そこに土を入れておくことを目土と言います。
では、なぜ目土が必要なのでしょうか?
理由は大きくふたつあります。
ひとつは、後続のプレイヤーの打球がディボットの穴に入るのを防ぐため、もうひとつは芝生の保護のためです。
少々面倒ですが、みんなで使うフェアウェイですから必ず目土をするようにするのがマナーです。

 

バンカーショットのあとは

バンカーショットをしたあとはレーキでバンカーを均すのはご存知のかたも多いでしょう。
ただ、それ以外にもちょっとしたマナーがあります。
まず、バンカーへの出入りはなるべくボールの近くの低い位置から出入りするようにしましょう。これは砂が崩れるのを最小限にするためです。
また、バンカーを均すレーキですが、使い終わったら棒の部分がグリーン方向を指すように置いてください。
これは、後続プレイヤーがグリーンに向かって打ったボールがレーキに当たる確率を低くするためのマナーです。

 

ティーペグは木製?

ティーショットの時には、ティーグランドにティーペグを刺してボールをティーアップします。
最近はいろいろと多機能で便利なティーペグが発売されていますね。
さて、このティーペグですがプラスチックやゴムなどでできているものは打った後に必ず回収するのがマナーです。
昔からある木製のティーであれば、どこかに飛んでしまったものを放置しておいても自然に帰りますが、プラスチック製などのものは、ずっとゴミとして残ってしまいます。
ですので、木製以外のティーは折れてしまったとしても必ず回収するようにしましょう。

 

プレイファーストは基本中の基本

 

知ってるとカッコいい?混雑時のパ-3のマナー

混雑時のパー3では、ちょっとしたマナーがあります。
自分たちのパーティー全員がグリーンに乗ってマークし終わったら、グリーンの外で待機して後ろの組にティーショットを打たせるようにしましょう。
後ろの組が全員ティーショットを打ち終わったら、グリーンに戻ってパッティングをします。
普通は一番遠い人からパットしますが、後続組のボールが邪魔になる場合は、打てる人から打っていきましょう。
ただし、前の組と間が空いてしまっているような時は、後続に打たせずに自分たちが先にホールアウトするようにします。

 

みんなで仲良く行動したいけれど

フェアウェイでは、ついつい4人で一緒に固まって行動したくなります。
しかし、このように一緒に行動するとひとりひとりが打つまでに時間がかかってしまいます。
フェアウェイでは、自分のボールの近くで打つ人の邪魔にならない場所にいち早く移動して自分の打順を待つようにして、自分の番になったらすぐにアドレスに入れるようにしましょう。

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

ゴルフは往復の服装の注意からはじまって、プレイ中もいろいろなマナーがあって最初はちょっと面食らってしまいますね。
しかし、すぐに慣れますし慣れてしまえばどうということのないことばかりです。
同じ18ホールのコースを大勢で使うわけですから、他の人へのちょっとした気遣い。あくまでもこれが基本です。
みんなが気持ちよくラウンドできるように、ひとりひとりがマナーを守ってプレイしたいですね。

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事