ゴルフ初心者にありがち?プレー中の恥ずかしい【ゴルフあるある】とは? | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > ゴルフ初心者にありがち?プレー中の恥ずかしい【ゴルフあるある】とは?

ゴルフ初心者にありがち?プレー中の恥ずかしい【ゴルフあるある】とは?

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

ゴルフ初心者のうちの失敗は誰にでもあるもの。

今はベテランになったゴルファーの先輩たちも笑い話のような失敗を経験してきているはずです。 とはいえ、はじめてのコンペなど大勢の人の中でゴルフをする時にあまり恥ずかしい失敗はしたくないですよね??

今回は、初心者の方が比較的失敗してしまいやすい「あるある」をご紹介します。 レッスン書には書いてない!初心者の恥ずかしいあるあるで、しっかり勉強してみてくださいね。

 

初心者に多い服装での恥ずかしい失敗、おさえるポイントはここ!

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム
初心者の方がゴルフに行くときに最初に悩むのが服装ではないでしょうか? 服装で失敗しやすいのが往復の服装です。

ラウンド中に何を着たら良いのかは一生懸命調べたけれど、往復の服装まで気が回らないのは初心者あるあるです。

ゴルフ場によってはホームページにドレスコードが記載されていますので、それを読んでいくのが一番ですが、あまり細かいことまで書いていないことも多いようです。

また、ドレスコードの記載もないゴルフ場ではどうしたら? 「普段の恰好で良いよ」と連れて行ってくれる方に言われ、カジュアルな恰好で行ったら自分だけ浮いてしまった。

などというのは初心者の方にありがちな失敗です。

例えば結婚式の招待状に「平服でお越しください」と書いてあっても、誰も普段着で行く人はいませんね。 ゴルフ場も同じ。ビジネスカジュアルくらいのイメージであれば間違いないでしょう。

そしてドレスコードにあってもなくても男性はジャケットは必須。夏場は手に持っていれば大丈夫です。

 

 

ティーグラウンドやフェアウエイでのあるあるとは?

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

なんでもナイスショット!ではない

同伴プレイヤーが打つと一斉にナイスショット!のかけ声がかかります。 初心者のうちは、他のプレイヤーの打球がミスなのかどうなのか判別がしにくいもの。他の方が声をかけてから自分も声をかけるようにしましょう。

他のプレイヤーの視界には入らないように

他のプレイヤーが打つときにどこに立っていたらいいのかわからないかもしれません。 とりあえずショットをするときに目に入る場所にはいないようにしましょう。 初心者あるあるで、打つ方の真後ろに立ってしまう人がいます。 飛球線の後方もマナー違反ですので斜め後方に立つようにしましょう。

フェアウェイでみんなで固まって動くのは無し

初心者グループで、非常によく目にするあるあるです。 ティーショットを打ち終わったら、次に使うクラブを持って自分のボールの近くにいきましょう。

他のプレイヤーが打つそばに行く必要はありません。というか行ってはいけません。

ティーショットのあとは、まっすぐ自分のボールの近くに行ってだいたいの距離や打つ方向などを決めておき、自分の打順が来たらすぐにアドレスに入れるようにしましょう。

練習場では学べない?グリーンでの恥ずかしいあるある

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

他人のラインは踏んではいけない

初心者のうちは自分のことで精一杯。ですが、グリーン上で他のプレイヤーのパッティングラインを踏むのだけはやめましょう。

自分のボールだけではなく、他のプレイヤーのボールがどこにあるかも必ず見ておきましょう。

そのポーズ、恥ずかしいです。

女性の初心者の方がパッティングラインを読むとき、ライン読みに夢中になって和式トイレに座っているような恰好になってしまう方がいます。 あまり見栄えがいいものではありませんから、脚はきちんと閉じておきましょう。

時間をかけすぎない

初心者が、ボール後方からラインを読み、カップの逆に行って読み、入念に素振りをして、あげくに5メートルのパットを2メートルもオーバーさせた、なんていうのは失笑をかってしまいます。

プロではないのですから、傾斜だけ確認したらなるべく早くアドレスに入るようにしましょう。

なんのためにあるのか良く分からないものも多いゴルフ場

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

ゴルフ場には練習場では目にしないものもあります。レッスン書にも載っていない、一見ちょっと何につかうかわからないものをピックアップしました。

何も知らないよりは知っておいた方が良いに越したことはありません。

ティーグランドの横にある取っ手のついた小さな塔はなにをするもの?

これはボールを洗うものです。ラウンド中についた泥や、芝の跡を洗います。

なんでコース途中の売店におみやげや洗剤が売ってるの?

最近は減ってきましたが、コース途中の売店で包装されたお土産や洗剤など、ラウンド中に必要になるとは思えないものが置いてあることがあります。

あれはなんのため? 実はキャディさんへのチップ代わりの品物なんです。

最近はセルフプレーも増えましたし、キャディさんへのチップの風習もなくなってきましたが、今でも残っているコースはあります。

土が置いてあるのはなんで?

ティーグランドの周辺になにやら土が入った箱のようなものを目にすることがあります。 これ工事の人の忘れ物ではありません。

目土用の土です。プレイヤーが自分の目土袋の土がなくなった時の補充用です。 セルフで回る時は目土はプレイヤーの責任ですから、しっかり目土しましょう。

まさか?実は多い「忘れ物」

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

セルフプレーの場合、使うであろうクラブ何本かを持って自分のボールのところに行きますね。グリーン周りだとウエッジの他にパター、状況によってはランニングアプローチ用にロフトの立ったクラブも持っていきます。

アプローチをしてグリーンに乗せたら、今度はすぐにマークに行かなければなりません。

この時グリーンエッジに置いたウエッジなどを忘れて次のホールに向かってしまうことがあります。

だいたいは次のパーティーが持ってきてくれてますが、恥ずかしいので気をつけましょう。

あとはヘッドカバーも忘れることが多いので気をつけましょう。

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

ゴルフのルールブックの第一章にはなにが書いてあるかご存知でしょうか?

第一章、すなわち一番最初にルールブックが規定しているのはエチケットなのです。 初心者の方には、いろいろと面倒くさいことに感じられるかもしれません。

しかし、マナーやエチケットはゴルフ場に来る全てのゴルファーが気持ちよく1日を過ごすためのものですから初心者のうちからきちんと身に着けておきたいものです。

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事