パターの距離感はこれで決める!スランプを脱する練習方法 | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > パターの距離感はこれで決める!スランプを脱する練習方法

パターの距離感はこれで決める!スランプを脱する練習方法

#

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ゴルフのスコアを少しでも良くしたいなら、パターの練習をすべきです。

そしてパターで大事なポイントは距離感です。

パターと言えば芝目や傾斜などのラインの読み方を一生懸命勉強する人が多いですが、最も大切なことは距離感を合わせることです。

ラインが間違っていても距離感さえ間違っていなければ3パット、4パットは回避できるからです。

でも、この距離感。

割と簡単に崩れてしまうのが現実で「この前のラウンドでは距離感完璧だったのに、今日は全く距離感が合わない・・・」というスランプに陥ることも多々あります。

スランプを脱するためにはやはり練習あるのみということで、今回はパターの距離感を合わせる練習方法について解説します。

初心者ゴルファーが距離感を合わせることができない理由

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

初心者ゴルファーは特にグリーン上でミスを連発することが多いのではないでしょうか。

慣れていないということもありますが、ゴルフをやっている人からするとあり得ない距離感でパターを打つことが多いですよね。

タッチが強すぎることもあれば弱すぎることもあります。

なぜ、初心者ゴルファーは距離感を合わせることができないのかを考えると芯で打てていないからという理由が大きいのではないでしょうか。

ドライバーやアイアンがそうであるようにパターも芯で当てた時とそうでない時の距離が違います。

まずは、芯で打つことができるようになることが大切です。

初心者ゴルファーだけでなく、多くのアベレージゴルファーも常に芯で打つことができていないから距離感が合わせにくいのです。

距離感は感覚?

距離感というものは感覚による部分が大きいと思います。

感覚とは、ボールの転がるスピードをイメージして丁度良いタッチで打つことです。

但し、感覚で打つことは難しいですし、感覚は生まれ持った部分が大きいので鍛えるのが難しいですよね。

ですから、いかに感覚に頼らずにパッティングするかを考えることがパター上達への近道です。

ストロークで距離感を合わせる

パターの打ち方は様々ですが、距離感を合わせることだけを考えるならストロークで距離感を合わせるのがベストであると考えます。

インパクトの強さで距離を合わせるのではなく、振り幅で距離を合わせる方法です。

真っすぐ引いて真っすぐストロークするパッティングスタイルですね。

この振り幅なら、このくらい転がるという結果を自分の感覚とすり合わせることで距離感を合わせていきます。

ポイントは、左右対称の振り幅で同じスピードでストロークを行うことですね。
インパクトでパンチが入るのはダメです。

朝の練習グリーンで距離感を合わせる

朝の練習グリーンは距離感を合わせるために貴重な練習場所です。

しっかりと距離を合わせるためのポイントは、できるだけ感覚に頼らないことです。

感覚に頼らないパッティングをするために大事なことは、振り幅で距離を合わせることです。

そのためにやらなければならないのは、歩測です。

歩測とはカップまでの距離を歩数で計測し距離感を合わせるための手段ですね。

20歩、10歩、5歩と3パターンくらい歩測して距離を合わせます。
20歩の距離はこれくらいの振り幅で・・という感じですね。

実際のラウンドではカップから歩測して例えば18歩だったとした場合、20歩よりも少し振り幅を小さくするというような距離の合わせ方をします。

このようにインパクトの強さではなく、振り幅と歩測した距離を合わせる方法にすることである程度は感覚に頼らず、オートマチックに距離感を合わせることができます。

 距離感を合わせる練習方法 3選

目を閉じてパッティング

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

パットの名手とも言われ、ゴルフ界のレジェンドと言っても良いでしょう、タイガー・ウッズが推奨している距離感を合わせる練習方法です。

やり方は簡単で、目を閉じてパターを打ち、どれくらい転がるのか頭の中でイメージします。
これと実際に転がった距離を合わせていきます。

視覚というのは、大事な感覚ですが、視覚からくる情報は距離感を狂わせますから目を瞑ることで距離感を実際の距離に近づけることができます。

手でボールを転がしてみる

距離感を合わせるために大事なことは、“イメージ”です。

カップまでどれくらいの強さでボールを転がせば丁度良いかを調べるには、ボールを手で転がしてみるのが一番簡単です。

片山晋呉プロも良くグリーン周りでボールを投げるような仕草をすることがありますが、イメージを確認しているのだと思います。

また、丁度良いタッチで打つための感覚を鍛えるにも丁度良い練習方法ですね。

右手(利き手)のみでパターを打つ練習方法

ロングパットの距離感を合わせる練習方法として右手一本でパターを打つという方法があります。

カップから10ヤード程度の場所にボールをセットして、右手一本でパターを持ち、何回か素振りをしてから実際にボールを打ちます。

このように右手一本で距離感を合わせてから普段通りに左手も添えることで簡単に距離を合わせることが出来ますので試してみて下さい!

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

パターが上手い人とそうでない人は、10打以上スコアで差がつくと言われています。
その中でも大事なのは距離感。

距離感さえ合っていれば3パット、4パットしてしまうことはほとんどなくなるでしょう。

今回紹介した練習方法をぜひ、試してみて下さい!

Golfkon Tokyo

ゴルフコン東京は、人気のゴルフを一緒に楽しみながら男女の出会いを楽しめちゃうとてもお得なゴルコン。
東京都内にて毎月開催。
ゴル友作りに婚活に。
開催スケジュールはこちらから↓
ゴルフコン東京

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事