フェアウェイウッドとは??選び方【初心者にも分かる徹底解説】 | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > フェアウェイウッドとは??選び方【初心者にも分かる徹底解説】

フェアウェイウッドとは??選び方【初心者にも分かる徹底解説】

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

ゴルフを始めたばかりの人は、フェアウェイウッドと言われてもピンとこないかもしれません。
ドライバーやアイアンよりは知名度はないかもしれませんが、フェアウェイウッドを上手く使いこなすことでゴルフが楽になります。

特に飛距離が出ない初心者ゴルファーにとってフェアウェイウッドを使いこなすことは大事なことです。

フェアウェイウッドには種類があります。
フェアウェイウッドの特性を理解してどのフェアウェイウッドをバッグに入れるかということも大事なことです。

フェアウェイウッドって何?

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

フェアウェイウッドとは、ティーアップしないで打てるクラブの中では最も飛距離が出るクラブです。
簡単に言えば、ドライバーとアイアンの中間のようなクラブです。

ドライバーとアイアンの中間のクラブといえば他にはユーティリティなどがありますが、ユーティリティはどちらかというと、アイアン寄りのクラブです。

弾道としてはフェアウェイウッドの方が、弾道が高くキャリーが出せるという特徴があります。

フェアウェイウッドの種類 呼び方がある?

フェアウェイウッドには、種類があります。
一般的に使うクラブは、3番ウッド、4番ウッド、5番ウッドくらいでしょう。
因みに1番ウッドはドライバーです。

数字が小さいほど距離が出ます。
フェアウェイウッドには呼び方があります。
3番ウッドはスプーン、4番ウッドはバフィー、5番ウッドをクリークと呼びます。

スプーン(3W)は、その名の通り食器のスプーンに形状が似ていたことからつけられました。
バフィー(4W)は、“buff”(平手打ち)という英語が変化したと言われています。
クリーク(5W)は、当時のクリークは、鍵をかける際の音を表す“Click”に似た音を発したことからそう呼ばれるようになりました。

フェアウェイウッドはどんな時に使うの?

基本的には、距離を出したいセカンドショットやサードショットに使います。
でもライが悪いと中々使うことが難しいクラブでもあります。
その名の通り、フェアウェイから打つウッドというイメージで良いかもしれません。

ライの悪い状態からフェアウェイウッドを使ってミスするのは、初心者ゴルファーの特徴ですね。
深いラフや傾斜地でフェアウェイウッドを使うのは無謀です。

そこそこ距離が出るけれど、ドライバーよりは曲がりが少ないので、距離のあるセカンドショット、サードショットの他に狭いホールのティーショットで使うのも良いかもしれませんね。

特殊な使い方としては、グリーン周りのアプローチで転がしたい時にフェアウェイウッドを使う人もたまにいます。

フェアウェイウッドの打ち方は?

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

フェアウェイウッドを打つ時に、どうやって打てば良い?と悩む人は多いです。
フェアウェイウッドは、ドライバーとアイアンの中間のようなクラブですから、ドライバーを打つイメージで打つのが良いか、アイアンを打つようなイメージで打つか迷います。

ドライバーを打つイメージなら払い打ち。
アイアンを打つイメージならダウンブロー。

どちらのイメージで打つのかは人それぞれであり、正解はありませんが、初心者ゴルファーが払い打ちをイメージするとすくい打ちになるというリスクが高いので、アイアンと同じようにダウンブローのイメージで打つというのがオススメです。

ただ、フェアウェイウッドをダウンブローのイメージで打つと振り遅れるというリスクがありますから、ボールを左足寄りに置くということを忘れないようにしましょう。

オススメのフェアウェイウッドはコレ!フェアウェイウッド3選

フェアウェイウッドは、クラブ選びが大事。
特に初心者ゴルファーは、やさしいクラブを選ぶと良いですね。
フェアウェイウッドに限らず、最近のクラブはやさしさを追求しています。

やさしいフェアウェイウッドを選ぶことでフェアウェイウッドが苦手な人でも、イメージが変わるかもしれません。

キャロウェイ EPIC FLASH STAR フェアウェイウッド

キャロウェイのフェアウェイウッドは、昔から評価が高いですよね・
EPIC FLASH STAR フェアウェイウッドも、フェイスの高初速エリアを広く、カーボンクラウンによって低重心化を実現。

やさしく、高弾道のボールを打ちやすい飛距離性能が高いフェアウェイウッドです。

スリクソン Z F85 フェアウェイウッド

スリクソンらしさもアリながら、同じダンロップのゼクシオのようなやさしさを併せ持っているフェアウェイウッドですね。アスリートゴルファーが好むというイメージが強いスリクソンですが、Zシリーズからやさしさを追求するモデルが多いです。
Z F85もその1つです。

ヘッドスピードがなくても最大限の飛距離を出せるフェアウェイウッドです。

テーラーメイド M グローレ フェアウェイウッド

テーラーメイドと言えば、Mシリーズが圧倒的な人気を誇っていますが、Mシリーズにグローレシリーズのやさしさを融合させたフェアウェイウッドがMグローレです。

Mグローレの最大の特徴は、「つかまりの良さ」ですね。
フェアウェイウッドで多いミスとしてフェイスが開いてボールに当たってしまうことで起こるスライスがあります。

Mグローレはとにかくつかまりが良いと評判のフェアウェイウッドで、弾道としては高弾道のドローボールが打ちやすいクラブです。
スライスが多い初心者ゴルファーにはオススメのフェアウェイウッドです。

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

フェアウェイウッドは、使いこなすのが難しいクラブですが、飛距離が出るクラブですのでフェアウェイウッドを上手く使いこなすことができれば大きな武器となることでしょう。

特に非力でヘッドスピードがない人や女性のゴルファーにはオススメのクラブです。

以前は難しいという印象が強かったフェアウェイウッドですが、最近のクラブは非常にやさしく作られています。
フェアウェイウッドが苦手な人も試してみることをオススメします。

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事