アイアン 人気ランキング10選【2021年】最新モデルからコスパまで | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > アイアン 人気ランキング10選【2021年】最新モデルからコスパまで

アイアン 人気ランキング10選【2021年】最新モデルからコスパまで

#

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

「ゴルフは道具を使うスポーツ」です。

自分に合った道具を選ぶことができれば、地道な努力をするよりも早くゴルフを上達させることができます。

アイアンも飛距離重視のクラブ、ミスに強いクラブ、球が上がりやすいクラブなど多くの種類がありますので、自分に合った道具を選ぶようにしたいですね。

今回は、最新モデルやコストパフォーマンスが良いものをピックアップしてみました。

人気のアイアンは良いアイアン?

アイアン選びは自分に合ったものを選ぶことが大切です。

ヘッドスピードやスイングの型によってその人に合っているアイアンというものがあります。

ですから、本当の意味で自分に合ったアイアンを選ぶためには、ヘッドスピードの計測や、自分のスイングに対してどのようなアイアンが合っているかを研究してアイアンの選定をすることがベストですが、“そこまでやることが大変”だと思う人は、人気のアイアンを選ぶという選択肢もあります。

人気があるアイアンには、人気がある理由がありますから、人気があるアイアンを選べば良いアイアンに出会える可能性は高まりますからね。

アイアンを選ぶ前に確認したいこと

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

アイアンを選ぶ前にできれば、「自分のヘッドスピードの計測」をしておきたいです。

ドライバーもそうですが、クラブ選びは、基本的には自分のヘッドスピードに対応してきます。

一般的には、

  • ヘッドスピードが速い人は、重くてしならないアイアン
  • ヘッドスピードが遅い人は、軽くてしなりやすいアイアン

を選ぶと良いと言われています。

また、ボールが上がらないからボールが上がりやすいアイアンを選ぶのか、つかまりすぎてフックするのでつかまりすぎないアイアンを選ぶのかなど、“自分の現状を把握する”ことが大切ですね。

キャビティ、マッスルバックとは?

アイアンには、大きく分けて「キャビティ型」と「マッスルバック型」があります。

キャビティ型には、通常のキャビティ型とポケットキャビティがありますが、ここでは両方ともキャビティ型に分類しました。

キャビティ型は、バックフェイス、つまりフェイスの裏側にくぼみがあります。

これは、バックフェイスをくりぬいてその分の重量をヘッドの外側に配置することで重心を下げボールを上げやすくし、さらにミスヒットにも強くなるというメカニズムです。

マッスルバック型は、昔ながらのアイアンのクラブ形状で、見た目的にも小さく、アスリートが使うアイアンという印象です。

ヘッドが小さいと、重心距離が短くなり、操作性が高くなるという特徴があります。
操作性は高くなりますが、ミスがミスとして出やすいアイアンと言えます。

簡単にまとめると、

  • キャビティ型は、ミスヒットに強く、ボールを上げやすいが、意図的にクラブをコントロールしにくい(操作性が低い)。
  • マッスルバック型は、ミスヒットに弱く、ボールを上げにくいが、意図的にクラブをコントロールしやすい(操作性が高い)。

つまり、キャビティ型は簡単であり、初心者向けであり、マッスルバック型は難しいので上級者向きということになります。

ただし、プロゴルファーでもキャビティ型を使用している人もいるので、一概には言えませんが、一般的にはそのような分類となります。

キャビティ型、マッスルバック型の新作とコスパの良いオススメの中古アイアンをまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

キャビティ型アイアンオススメ3選 新作編

キャビティ型アイアンのオススメ(新作)をピックアップしましたので参考にしてみて下さい。

ピン G425 アイアン

心地よい打球音を生み出す新バッジを搭載、重量周辺配分設計によってミスヒットに強く、ワイドソール設計なのでダフりにも強いアイアンです。

キャッチコピーは“キャビティを越えた飛びとパフォーマンス”。

口コミ等をまとめると、“直進性が高く、ミスヒットに強いアイアン”という印象ですね。
アイアンショットが左右に曲がって困っているアベレージゴルファーにオススメのアイアンですね。

テーラーメイド SIM グローレ アイアン

キャッチコピーは、“誰もが、打てる。飛ばせる。”

いかにも初心者ゴルファーやアベレージゴルファー向けのアイアンというような印象ですね。

“スピードブリッジHT テクノロジー”という独自の技術で、ボールへのエネルギー伝達率の向上と、スイートエリアの拡大を実現しているアイアンです。

“スピードブリッジHT テクノロジー”は、バックフェイスを見るとわかるのですが、ヒール側とトゥ側に溝があり、この溝によって飛んで曲がらないアイアンを実現しているということみたいです。

グースネックで見た目的にも“捕まりやすい”という印象を受けます。

口コミ等を見ても、“飛ぶ”という声が多く、直進性の高い飛び系アイアンという印象ですね。

ダンロップ ゼクシオ イレブン アイアン

キャッチコピーは、“王道、堂々と進化。”

ゼクシオシリーズは、昔から高齢者など力のないゴルファーでも飛ばせるクラブの王道ですよね。

もうひとつのキャッチコピーが、“新発想、ボディのたわみで飛ばす、狙う!”ということでボディ下部の溝がたわみを生み出し、反発力を向上させているとのことで、いかにも飛びそうなアイアンですね。

口コミ等を見ても、ミスに寛容でヘッドスピードがない非力なゴルファーでも良く飛ぶという口コミが多いですね。

キャビティ型アイアンオススメ3選 中古編

新作のアイアンは経済的にちょっと・・という人のためにキャビティ型アイアンの中古オススメを調べてみました。

テーラーメイド バーナー スーパーラウンチ(2010年)

テーラーメイドから2010年に発売されたアイアンで、ディープキャビティ設計、ワイドソールでいかにもミスに強く、飛びそうな顔をしています。

バックフェイスの堀もかなり深く、その分、低重心設計になっているので高弾道のショットをしやすそうです。

“とにかく球を上げたい”というゴルファーにオススメですね。

中古市場では、アイアンセットが20,000円前後で販売されているので経済的にも嬉しいですね。

ヤマハ インプレスX 460D(2006年)

ヤマハから2006年に販売されたアイアンです。

“1番手飛ぶアイアンを。楽に高い球を。”

というキャッチコピー通り、低重心、深重心設計でつかまりがよく、高く球が上がるアイアンという印象ですね。

口コミ等でも調子が悪い時でも飛距離が出るという口コミがあり、ミスヒットへの寛容性も高そうですね。

中古市場では15,000円前後で取引されています。

タイトリスト フォージド695CB (2006年)

タイトリストから2006年に発売されたアイアンです。

キャビティ型というとやはり初心者向け、アベレージゴルファー向けという印象がありますが、そこはやはりタイトリスト。
見た目的には、アスリート向けのモデルですね。
カッコいいです。

キャビティなのでマッスルバックよりはやさしいですが、ある程度の操作性もあります。

初心者ゴルファーが中級者ゴルファーへステップアップするのにちょうどいいスペックではないかと思います。

中古市場では、20,000円前後で取引されているようですね。

マッスルバック型アイアンオススメ3選 新作編

やっぱりカッコいいマッスルバック。

新作のマッスルバック型のアイアンをピックアップしてみました。

テーラーメイド P7MB

キャッチコピーは、“ゴルファーの憧れを形に”。

やはり、ゴルファーなら一度はマッスルバックに憧れますよね。

見た目的には美しいアイアンで、特徴はやはりマッスルバックの特徴でもある心地の良い打感としっかりとした操作性ですね。

操作性が良いというのは、高さを抑えたり、意図的にスライスやフックをかけたり、そいう言ったテクニックを使いやすいということですね。

ソール幅も薄く、技術がある上級者が100点のショットを打つためのモデルですね。

ブリヂストン ツアーB 200MBアイアン

キャッチコピーは、“「狙う、止める。」意のままにクラブを操る”ということで、操作性の高さには自信があるようですね。

見た目的なことで言えば、バックフェイスがミラー仕上げになっていて綺麗です。

昔のマッスルバックよりは、易しくて振りやすいですが、そこはやはりマッスルバック。
操作性の良さは口コミでも評判ですから、自分で弾道を操作できるアスリートゴルファーにオススメのクラブです。

スリクソン Zフォージドアイアン

キャッチコピーは、“操作性に優れ精緻な攻めを可能にする”です。

シャープな形状のフラットバックタイプで軟鉄の中でもソフトな「S20C」鍛造アイアン。
打感の柔らかさには定評があるようです。

ダンロップのアスリート向けブランドスリクソンらしいアイアンです。

マッスルバック型アイアンオススメ3選 中古編

中古のマッスルバック型アイアンのオススメをピックアップしました。

Titleist 718 MB アイアン(2018年)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

中古 ゴルフクラブ タイトリスト 718 T-MB 718 アイアン N.S.PRO 850GH
価格:44338円(税込、送料別) (2021/2/19時点)

タイトリストから2018年に発売された伝統的なマッスルバックアイアンです。

MBは100%純粋の軟鉄鍛造アイアンで、もう、操作性ですとか打感ですとかマッスルバックの特徴を抜きにしてとにかくカッコいいデザインですね。

キャディバッグに入れておくだけで多くの人を魅了すると思います。

中古市場では、55,000円~取引されています。

ミズノ MP-33(2001年)

「ミズノのアイアンは難しい」というイメージがありますが、逆に難しいミズノのアイアンを使いこなせればカッコ良いですよね。

MP-33は、ストレートネックにマッスルバックという難しいアイアンで、上級者向けのアイアンの見本のようなクラブです。

2001年発売なので、中古ではあまり出回っていませんが、「名器」ですから見つけたら是非、購入してみてはいかがでしょうか。

ブリヂストン ツアーステージ X-ブレード (2005年)

ブリジストンから2005年に販売されたマッスルバックアイアン。

丸山茂樹プロや谷原秀人プロが開発に参加しています。

完全なプロ仕様かと思いきや、ソールに比重の軽いチタンを採用することでボールが上がりやすくなっています。

中古市場では、10,000円以下で購入できる場合もあるのでコストパフォーマンスは高めです。

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

人気があるアイアンには、人気がある理由がありますので、アイアン選びに迷ったら人気のアイアンを購入するという手段も悪くないと思います。

流れとしては、初心者はキャビティ型を購入し、ステップアップしたい人はマッスルバックを購入すると良いでしょう。

 

 

 

#

Golfkon Tokyo

ゴルフコン東京は、人気のゴルフを一緒に楽しみながら男女の出会いを楽しめちゃうとてもお得なゴルコン。
東京都内にて毎月開催。
ゴル友作りに婚活に。
開催スケジュールはこちらから↓
ゴルフコン東京

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事