ティーショットの打ち方コツとは?ゴルフ初心者が失敗しないためのテク | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > ティーショットの打ち方コツとは?ゴルフ初心者が失敗しないためのテク

ティーショットの打ち方コツとは?ゴルフ初心者が失敗しないためのテク

# #

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ティーショットが大事なことは、ゴルファーなら誰でもわかると思いますが、だからこそ緊張するのがティーショットです。

また、同伴者に見られているという状況が余計に緊張感を強くします。

これはゴルフ独特の緊張感ですよね。
この独特の緊張感が、いつものスイングを崩します。

ティーショットで実力を出せない人はかなり多いですよね。

特にゴルフに慣れていない初心者ゴルファーにとってティーショットは最も緊張する瞬間かもしれません。

ということで今回は、初心者が失敗しないティーショットのテクニックを紹介します。

ティーショットの失敗の8割は力みが原因

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

初心者ゴルファーがティーショットを失敗するパターンとして多いのが、力みです。

ドライバーショットに関しては特に力みが生まれやすいので注意が必要です。
力みがあると、スイングのバランスを崩しますのでミスの原因となります。

初心者でなくても、ティーショットでしっかりとフォローをとれるゴルファーは少ないですね。

ですので“ティーショットでいかに力みをとるか”という点こそが、初心者ゴルファーがティーショットで失敗しないポイントとなります。

やっぱり、“飛距離よりも方向性”

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ティーショットは飛距離よりも方向性。

よく言われる言葉ですが、本当の意味で実現できているアマチュアゴルファーは一握りであると思います。

“飛ばしてやろう”という気持ちがいつの間にか方向性よりも飛距離という考えに変えてしまいます。

気持ちでは、飛距離よりも方向性と思っていても、少しだけ飛ばしたいという気持があると体が飛ばしたいというスイングになり、結果として力みが生まれスイングのバランスを崩してしまうのです。

アドレスで時間をかけない

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

“アドレスで時間をかけない”ということは、ティーショットを成功させるポイントです。

初心者ゴルファーは基本的には自信がありません。

「上手く打てるかな・・・」という不安感がアドレスを長くします。

アドレスに入ってから時間をかけると、体はすぐに緊張状態に陥ってしまいます。
体が緊張すれば、力みが出るのでスイングのバランスを崩します。

多くの初心者ゴルファーは、チェックポイントが多すぎです。

「まず、ボールから30㎝は真っすぐバックスイングして、トップはオーバースイングにならないように・・ダウンスイングは・・・」

このように多くのチェックポイントを頭で考えているうちに体が緊張状態になってしまいますから、チェックポイントは1つ、多くても2つにするように心掛けましょう。

ティーを刺す位置を慎重に選ぶ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

技術以外にも大事なこととして、ティーを刺す位置があります。
ティーを刺す位置は、ティーマークの間の何処かですよね。

例えば、コースの右側が狭く左が広い場合。
ティーグラウンドの右側にティーを刺すことで右のOBを消して左を広く使うことができます。

何故かはわかりませんが、初心者ゴルファーは目標方向よりも右側を向く傾向があると思いますのでこの点も注意しましょう。

あとは、ティーグラウンドにも平らなところとそうでないところがあります。

ティーグラウンドは平ではないことを頭に入れて、できるだけ平らな場所にティーを刺すことも初心者ゴルファーがティーショットを成功させるポイントですね。

ティーショットの再現性を高めるオススメのルーティーン3選

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ティーショットの再現性を高めるテクニックとしてルーティーンを取り入れるということがあります。

ルーティーンとは、アドレスに入る前に毎回同じ動作をすることでリズムを一定にするという効果があり、多くのプロゴルファーも取り入れています。

ワッグル

ワッグルとは、アドレスをした時にクラブをグラグラと小さく動かす動作です。
ワッグルをするメリットとしてリズムが取りやすいことや、リラックス効果があります。

止まっている状態から動くことは意外と難しいもので、リズムを崩しやすいです。

ワッグルを取り入れることでスムーズに静から動の切り替えをすることができます。

アドレス時は右手でクラブを合わせる

アドレス時にティーアップされたボールとクラブフェイスを合わせますが、この時に左手でクラブを持って合わせるのか、右手でクラブを持って合わせるのかという選択があります。

こちらもルーティーンとして毎回同じようにクラブを合わせたいところです。
特にこだわりがないなら、オススメは右手でクラブを合わせた方が良いです。

初心者ゴルファーがティーショットで失敗するパターンとしてアドレスの時点で左肩が下がってしまうという点があります。

特にドライバーショットで左肩が下がるのは致命的です。

左手でクラブを合わせると左肩が下がりやすい傾向がありますから、右手でクラブを合わせた方が良いのです。

アドレスで足踏みをする

“アドレスで足踏みをする”

こちらも良く採用されているルーティーンですね。

アドレスで緊張状態になり、力みを生じればスイングバランスを崩します。
アドレスで軽く足踏みをすることで体の緊張状態をほぐすことができるのでオススメです。

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

初心者ゴルファーにとってティーショットの成功はスコアアップのための大きな課題です。
また、スコア抜きにしてもティーショットの成功は気持ちが良く、ゴルフの醍醐味でもあります。

技術的な面は仕方がないとして、ティーショットはいかに力まないかが大事です。
今回紹介した力みをとる方法やティーショットのコツ、ティーショットの考え方を参考にすることでティーショットの成功率は高まるはずです。
ぜひ、参考にしてみて下さい!

Golfkon Tokyo

ゴルフコン東京は、人気のゴルフを一緒に楽しみながら男女の出会いを楽しめちゃうとてもお得なゴルコン。
東京都内にて毎月開催。
ゴル友作りに婚活に。
開催スケジュールはこちらから↓
ゴルフコン東京

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事