ゴルフ 2019年からの新ルールとはズバリ?【解説】-プレーファーストの促進- | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > ゴルフ 2019年からの新ルールとはズバリ?【解説】-プレーファーストの促進-

ゴルフ 2019年からの新ルールとはズバリ?【解説】-プレーファーストの促進-

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

2019年、ゴルフのルールが大きく変わったことが話題になっています。
ルール改正の一番の目的は、スロープレーを防止することルールをわかりやすくするためであると言われています。

確かにゴルフのルールはわかりにくいものも多く、これがスロープレーの原因やゴルフ離れの原因となっていたということは事実であると思います。

アマチュアゴルファーにとって知っているのと知らないのとではスコアに直結する部分があるのでしっかりと新ルールを覚えておきたいものです。

ということで今回は2019年に改正された新ルールの中で最低限覚えておきたいものを紹介したいと思います。

ピンを立てたままパターをして良い

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

旧ルールでは、ピンを抜かずにパッティングしてボールがピンに当たった場合ペナルティーが課されましたが、新ルールではペナルティーがなくなりました。

つまり、プレーヤーがパッティングする時にピンフラッグを抜くか抜かないかの選択をできるようになったということです。

ピンを立てたままパッティングするか、ピンを抜いてパッティングするかについてはプロゴルファーでも分かれますから、感覚によるところが大きいと思われます。

“プレーファーストの促進”というルール改正の趣旨を考えれば、特にロングパットではピンを抜かない方が距離感も合いますし、スロープレーの防止にはなると思いますね。

ドロップは膝の高さから

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

新ルールではドロップは膝の高さからと改正されました。
旧ルールでは、肩からドロップするという規定でしたので、大分ドロップする位置が低くなりました。

やはり、高い位置からドロップすれば、それだけボールは転がりますからドロップのやり直しという手間が省けます。

こちらもプレーファーストを目的として作られた新ルールですね。

ロストボール 捜索は3分まで

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ロストボールの捜索は、旧ルールでは5分までとされていたのが新ルールでは3分までに短縮されました。

“間違いなくあのあたりにボールが行ったのに見つからない”ロストボールは、とても悔しいですよね。
だからこそ、ボールを探したくなるのもわかりますが、これはスロープレーの原因となります。

3分探したら潔く諦めて次のショットに切り替えましょう。

無意識で球を動かしてしまっても罰なし

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

深いラフなどで無意識にボールが動いてしまった場合、旧ルールでは1打罰とされていました。
ボールを捜索中にボールが動いてしまった・・・このようなケースは良くあるケースですね。

新ルールでは、球を捜索中、又はグリーン上で無意識に球を動かしてしまっても球を元の位置に戻して無罰でプレーすることができます。

ルールが改正されて良かった・・アマチュアゴルファーに嬉しいルール改正点3選

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ルール改正によって技術がないアマチュアゴルファーに関してはスコア的には有利に働く可能性が高いルールがいくつかあります。
このような新ルールを覚えておけば、有利にゴルフをすることができます。

2打罰払えば、バンカーから手で出してOK

バンカーに入って何回打っても脱出できない・・・
初心者ゴルファーによくあるパターンですね。
下手をすると5回、6回打ってもバンカーから出ないというパターンもあります。

というのは、バンカーショットは1発目よりも2発目、2発目よりも3発目の方が難しい状況になる傾向があるからです。

バンカーで難しい状況になった場合、アンプレヤブルという手段がありますが、旧ルールではバンカー内にドロップしなければなりませんでした。
新ルールでは、2打罰でバンカー外にドロップできます。

バンカーが苦手な人には嬉しいルール改正かもしれません。

OBになった時に2打罰でOBに入った付近から打てる(ローカルルール)

こちらは、OBになった時に2打罰でOB境界線付近からプレーすることができるというルールです。
基本的には、ローカルルールで認められるルールですね。

初心者ゴルファーにとってOBはスコアを崩す大きな要因の1つです。
連続OBで大きくスコアを崩すこともよくある光景ですね。

ローカルルールで定められていれば、OB境界線を横切った付近から4打目でプレーを続行することができます。

距離測定器の使用が正式に認められた

距離測定器の使用が正式に認められたのも今回のルール改正の大きなポイントです。

まあ、基本的に競技ではなくプライベートゴルフなら距離測定器を使用することに問題はありませんでしたが、ルールとして正式に認められたということです。

堂々と距離測定器を使用できるようになったということですね。
ルール的には高低差が測定できるものは使用禁止とのことですので注意が必要です。

 

距離計測器に関して詳しくはこちらの記事

ゴルフ距離計測器ってなに??【解説】GPS距離計・レーザー距離計
ゴルフ距離計測器ってなに??【解説】GPS距離計・レーザー距離計
ゴルフのアイテムとして距離計測器というものがあります。 距離計測器は、グリーンまでの残り距離を計算してくれる便利なアイテムです。 グリーンまでの距離だけでなく、バンカーや池などのハザードまでの距離を計…
続きを読む

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

今回のルール改正。
アマチュアゴルファーにとっては有利になるようなルールの方が多いような気がします。
ルールを上手に使えば、スコアアップにも繋がります。
そのためにはルールを知ること、つまり勉強が必要であるということですね。

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事