【初心者のための簡単バンカーショットのコツ】入門編 | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコン東京TOP > 【初心者のための簡単バンカーショットのコツ】入門編

【初心者のための簡単バンカーショットのコツ】入門編

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

初心者がゴルフ場で苦労するのは、なんといってもバンカーではないでしょうか?
とにかく出ない。
2度打っても3度打っても砂の中。もう泣きたくなりますよね。
今回はそんなバンカーショットがうまくいくコツについて説明していきたいと思います。

目次
  1. そもそもなぜバンカーは難しいのか?
  2. バウンスってなんだろう?
  3. まずはおぼえておきたい。バンカーショットの基本
    1. フェースの向き
    2. スタンスのとりかた
    3. 基本的な振り方
  4. 初心者向けのやさしいサンドウエッジを使おう
  5. まとめ

 

そもそもなぜバンカーは難しいのか?

では、まず「そもそもなぜバンカーは難しいのか」ということを考えてみましょう。
そんなのはわかってる、砂の上にあるからだ!というご意見はもっともです。
しかし、上級者になると「バンカーは易しい」と言う方が多いのはご存知でしょうか?
上級者にとってはグリーン周りのラフに外してアプローチをするくらいならバンカーからのほうがピンに寄せやすいのです。
つまり打ち方さえわかれば、バンカーはそれほど難しいものでは無いということなのです。
初心者がバンカーが難しいのは、基本的な打ち方がわかっていないこと、そして練習する機会がほとんど無いこと、この二つが大きな原因と言ってよいのではないかと思います。

バウンスってなんだろう?

さて、バンカーでは通常サンドウエッジというクラブを使います。
このクラブはバンカーからボールを出しやすくするために工夫されたクラブなのですが、その工夫はどこにあるのでしょうか?

一番の工夫はソールの部分にあります。
サンドウエッジを少し開いて固い地面の上で構えると、ソールの出っ張りのせいでクラブのフェース面が地面から浮いてしまうのわかると思います。
この出っ張りを「バウンス」と呼ぶのですが、これがバンカーからボールを出すための工夫なのです。
逆にいえば、このバウンスをうまく使うことができればバンカーからは簡単に脱出することができるのです。

まずはおぼえておきたい。バンカーショットの基本

では、バウンスを使って簡単にバンカーから脱出するためにはどのように打てば良いのでしょうか?簡単に説明していきたいと思います。

フェースの向き

普通のサンドウエッジの場合、まずフェースを少し開いて構えます。
グリップしたあとに開いてはいけません。
まずフェースを開いた状態をつくって、その状態でグリップしましょう。こうすることによってバウンスの角度が大きくなってくれます。

スタンスのとりかた

スタンスも少し開いて構えます。
狙っているピンよりも、少しだけ左を向いたスタンスをとってください。
フェースを開いてグリップしているので、こうするとフェースはだいたいピンの方向に向くと思います。
足がグラつかないように、スパイクは砂に埋めるようにしてください。

基本的な振り方

あとは振るだけ!
良くレッスン書でアウトサイドインに振って、とかダフらせて、と書いてあります。
もちろん間違っていないのですが、あまり意識しない方が良いでしょう。
初心者の方は普通に振ってもアウトサイドインのスイングになっていることがほとんどですので、ことさら振り方を変える必要はありません。
また、無理にダフらせようとしなくても足を深く埋めているために勝手にダフってくれます。

そしてなにより、フェースを開いているためにバウンスが大きく出っ張っていますのでフェースがボールに当たるより先に「自動的に」バウンスが砂に当たってくれます。

むしろ無理やりアウトサイドインに振ってダフらそうと意識すると手前を叩きすぎてボールが出ませんし、フェースが砂に潜り込んでしまうこともあります。

できなことはやらない!大叩きしないコツはこれ

初心者の方を見ていると、バンカーからなんでもかんでもピンの方に打とうとして、結果的に大叩きしてしまっている人がいます。
たまたまうまくいってピンそばに寄ればカッコいいですが、ガードバンカーはグリーン方向はアゴの高さが高いことが多く、うまくボールがあがっていかないとまた砂の中に戻ってきてしまいます。
まずは脱出を第一に考えて、一番かんたんに出せる低い位置を狙うようにしましょう。

初心者向けのやさしいサンドウエッジを使おう

バンカーから脱出するためのクラブ、サンドウエッジはどれでも一緒というわけではありません。
実は作りによって、かなり難易度に差があるのです。
中級、上級とゴルフがうまくなるに従って、サンドウエッジをバンカー以外のいろいろな場所で使うようになってきます。
また、クラブフェースを開いたり閉じたりして球筋を打ち分けたりもします。
そういった操作をするには、大きなバウンスや厚いソールは邪魔になってしまいます。

そのため上級者用のサンドウエッジは、バウンスを小さくして操作性を高めているのですが、初心者がこういったクラブを使うとバンカーからの脱出が大変に難しくなってしまいます。
初心者、特にバンカーが苦手な方は初心者向け、とかバンカー専用、といった売り方をしているソールが広くてバウンスの大きいサンドウエッジのほうが簡単に脱出することができます。

まとめ

初心者がバンカーショットが苦手なのは、打ち方の基本がよくわからないということもありますが、なんといっても練習不足でしょう。
特に都心部にお住まいの方でインドアで練習されているようなケースでは、バンカーの練習をするチャンスがほとんどありません。
しかし、打ち方を勉強しても練習せずにコースでうまく打てることはありませんので、少しでもバンカーの練習ができるように、たまにバンカー設備がある練習場に足を伸ばしてみるとか、コースの練習場にバンカーがある場合は早く出かけていって練習してみるなど工夫をしてみてください。
数回練習するだけでも、意外と簡単にバンカーショットができるようになりますよ!