ゴルフの服装はどうすれば良い?正しいドレスコードを確認しよう | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > ゴルフの服装はどうすれば良い?正しいドレスコードを確認しよう

ゴルフの服装はどうすれば良い?正しいドレスコードを確認しよう

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム 初心者

初心者の方がゴルフに行くときに、一番最初に悩むのは服装でしょう。

ゴルフは服装にうるさい。漠然とそんな情報は持っていても、実際にどんな服を着て行けば良いのか、すごく悩ましいところです。

今回はそんなゴルフのドレスコードについてお話してみたいと思います。

そもそもなぜゴルフは服装にうるさいのか?

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム 初心者

ボーリングに行く時も、スケートに行く時も、おしゃれに気は使ったとしてもドレスコードで悩むことはありません。
そもそもなぜゴルフだけ、こんなに服装にやかましいのでしょうか?

それはゴルフの歴史と少し関係があります。

ゴルフ場というのは、もともと閉鎖的な倶楽部として運営されていて、メンバーさんの社交場としての側面を持っていました。
会員ではないゴルファーはビジターと呼ばれ、会員さんに紹介されてその社交場にお邪魔するという立場でした。

そういったゴルフ場の生い立ちの影響が今でも残っているため、ゴルフのときの服装はかくあるべき、といった風潮が残っています。

そのことの是非はともかくとして、そういった歴史があるためにゴルフに行く時は服装に注意しなければならないのです。

 

ゴルフ場への往復の服装のドレスコードは?

一般的には、いわゆるビジネスカジュアル的な服装を意識していれば大丈夫でしょう。

ジーンズやスウェットは避けてください。

チノパンのようなものは問題ありませんが、脚の部分に外ポケットのあるカーゴパンツ的なものは避けた方が無難です。
靴はサンダル的なものは論外ですが、最近はビジネスシーンに履いて行けるようなスニーカーであれば革靴でなくても問題なしとしているところも多いようです。

またドレスコード規定のあるなしに関わらずジャケットは着用(夏場は持参)していったほうが間違いがありません。

女性は男性ほどうるさくはありませんが、目上の方もいるちょっとかしこまった場に着て行けるような服装を心がければ間違いないでしょう。

 

ラウンド中のドレスコードについて

ラウンド中の服装の基本

ラウンド中は男女とも襟のあるシャツを着用することになっています。

一般的なポロシャツが一番間違いがないでしょう。

また男性の場合はシャツはタックインが原則です。

下は動きやすいスラックスなどですが特別ゴルフ用である必要はありません。

デニム地やスウェット的なもの、カーゴパンツ的なデザインを避けることは往復の服装と同じです。

女性は、極端に短いスカートやヒップラインが強調されるようなホットパンツは避けておいたほうが良いでしょう。

夏場の服装は暑さ対策が重要

真夏のゴルフは、暑さとの戦い。いっそTシャツ、短パンで回りたいくらいですが、そうもいきません。

夏場は帽子を必ず着用にするようにしましょう。夏場に限り男性のハーフパンツを認めているゴルフ場もありますが、基本的にハイソックス着用になりますのでその点注意しておきましょう。

寒い冬場のゴルフを快適にする服装

冬場は防寒対策が一番ですが、あまり厚着をしてしまうとスイングに支障が出てしまいます。防寒力の高い機能性下着を着用するなどスイングしやすい防寒を心がけましょう。

 

プロが着ている、ゴルフショップに売っている、から大丈夫!とは限らない

テレビで見るプロが着ているからといって、必ずしもすべてのコースのドレスコードに適合するとは限りません。

ショップに売っているものも、厳格なメンバーシップコースではドレスコードに引っかかってしまうようなものもありますので、プロが着ている、ショップに売っている、という理由だけで判断するのはちょっと危険です。

ゴルフ場によりドレスコードは大きく変わる?

ここまで一般的なドレスコードについてご説明をしてきました。

どのコースでも通用するように少し厳しめにご説明をしましたが、リゾート地のコースなどではドレスコードが緩く、けっこう自由におしゃれを楽しむことができる所もあります。

ここでちょっと厳しいコースとリゾートの比較をしてみましょう。

まず、日本でもっとも格式の高いコースのひとつであるコースのドレスコードを抜粋します。

・6月15日~9月15日以外はジャケットを着用して下さい。ブルゾン、ジャンパーでの来場はお断り致します。
・半ズボンでの来場はお断りいたします。女性のミニスカート、ホットパンツ、スパッツ、レギンスの着用はお断りいたします。スカート、キュロットは膝上5cm以内のものを着用願います。

ちょっと、ここまででもかなり厳しいのがおわかりいただけると思います。
上記以外にも、タートルネックのようなシャツの場合には襟の高さが4cm以上といった規定もあります。

一方リゾートでは明文化はされていませんが、おおらかなところでは半ズボンOKでハイソックスの義務はなし、ミニスカートやタンクトップも大丈夫です。
さすがにTシャツはリゾートでもやめておいたほうが良いと思いますが、ゴルフショップに売っているようなものであれば問題なくプレイできると思います。

ただ、ゴルフ場名にリゾート、とついていても必ずしもドレスコードがおおらかなわけではありません。
またドレスコードにミニスカートでもOKです、と書いてあることもありませんから、初めて行くコースの場合はやはり一般的なドレスコードに則った服装で行きましょう。一度行けば、そのゴルフ場の雰囲気がだいたいわかってくると思います。

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

ゴルフのエチケットの根底にあるのは、他者に迷惑をかけない、不快な思いをさせないことといえるかもしれません。
プレイファーストの原則にしても服装のTPOにしてもゴルフ場に来るすべての人が気持ち良く1日を過ごせるようにみんなで周りを気にかけましょうということが基本です。

最初はわずらわしく感じることもあるかもしれませんが、何度かゴルフに行けばすぐに慣れてしまいます。あまり神経質になってもゴルフが楽しくなくなってしまいますからTPOを意識しつつ自分なりのおしゃれを楽しみましょう。

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事