ゴルフクラブの【正しい持ち方】 握り方でこんなに違う?【初心者向け解説】 | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > ゴルフクラブの【正しい持ち方】 握り方でこんなに違う?【初心者向け解説】

ゴルフクラブの【正しい持ち方】 握り方でこんなに違う?【初心者向け解説】

#

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ゴルフをやっていると上手くいかないことばかり、スライス、フックなどを連発し、

どうして真っすぐ打てないの?

と悩んでいるゴルファーは少なくないと思います。

真っすぐ打てるようになるためには練習あるのみですが、グリップの握り方を変えただけで曲がりが改善したという例もあります。

そのくらいゴルフにおいてグリップの握り方は重要であり、上手く改善出来れば結果に結びつきやすいです。
握り方を変えただけで結果が出れば嬉しいですよね。

ということで今回はゴルフクラブの握り方について説明したいと思います。

握り方でスイングが変わる?

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ゴルフのスイング、賛否両論はありますが握り方でスイングや球筋は変わります。

手首を返しやすい握り方をすれば、ボールは捕まりやすくなり上手くいけばドローボールが打てますし、返しすぎればフックボールが出ます。

逆に手首を返しにくい握り方をすれば、上手くいけばフェードボールが出ますが、失敗すればボールが捕まらず、スライスが出ます。

このようにゴルフのスイングにおいてグリップの握り方はスイングに大きな影響を与えます。

左手の握り方 ポイントはナックル!

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

写真はストロンググリップ  ナックルが3つ。

まずは左手の握り方ですが、アドレスした時に見える左手のナックルがポイントです。

ニュートラルの状態は左手のナックルが2つ見える握り方です。スクウェアグリップとも呼びます。

そして一般的にはこのスクエアグリップの状態から

左手のナックルが多く見える握り方をストロンググリップ

1個程度しか見えない握り方をウィークグリップ

と呼びます。

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ウィークグリップ 写真は左手のナックルがほぼ見えない状態。

ストロンググリップはボールを捕まえやすい反面フックや引っかけが出やすい、ウィークグリップは捕まりにくいのでスライスしやすい反面、チーピンなどのミスを防止できるというメリットがあります。

左手と右手の絡め方 3つの握り方と特徴

次は、左手と右手の絡め方ですね。

大きく分けると、オーバーラッピング、インターロッキング、ベースボールグリップがあります。

オーバーラッピンググリップ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

オーバーラッピングは右手の小指を左手の薬指の上に置く握り方です。
多くのゴルファーが採用している握り方で、

・両手の一体感ができる
・左手主導でスイングしやすい

というメリットがあります。

インターロッキンググリップ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

次にインターロッキンググリップ。
右手の小指を左手の薬指と人差し指の間に絡ませる握り方です。

・非力な人でも握りやすい
・右手の力を使いやすい

というメリットがあります。

ベースボールグリップ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

最後にベースボールグリップ。
別名テンフィンガーグリップと呼ばれる握り方で

・力が入りやすい
・手首を返しやすいのでボールが捕まりやすい

というメリットがあります。

右手の握り方 「上からかぶせる」か「下から握る」か

右手の握り方のポイントは、左手の上からかぶせて握るか下から握るかという点です。

基本的には左手の上に右手をかぶせるように握るフェイスが開きやすくなるのでスライス系のミスが出やすくなります。

一方で右手を左手の下から握るようにすると、フェイスを返しやすくなるのでフック系のミスが出やすくなります。

この点を考慮すれば、フック系のミスが出ている時はいつもより右手をかぶせて握る、スライス系のミスが出るようなら左手の下から握るようにすることで弾道を調整できます。

何を重視するかで握り方が違う?

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

総合的に考えると、グリップの握り方で出やすい弾道があるというのは事実です。

飛距離を重視するか、方向性を重視するかで握り方を変えるというのも良いかもしれませんね。

とにかく飛ばしたいなら「ストロンググリップ」

飛距離という点を考えるならスライス系の弾道よりもフック系の弾道の方が、飛距離が出やすい傾向があります。

フック系のボールはボールが落ちてから転がりますからね。

また、ボールを捕まえることが重要で同じスライス系の弾道でもボールが捕まっているかどうかで飛距離は全く違ってきます。

ボールを捕まえるためには、インパクトでクラブフェイスを閉じることが重要です。
そのために適している握り方はストロンググリップです。

ストロンググリップについて説明します。
まず、左手ですがナックルが3個見えるように握ります。

右手は左手の下から握り、親指と人差し指の付け根のシワが右肩を指すように握ります。
このように握ると、自然と右肩が若干下がるようなアドレスになります。

慣れていないとおそらく最初はフック系のボールが出ますが、ボールを捕まえるイメージは出やすいかと思いますので、微調整することで強いボールを打つことができるようになる可能性があります。

方向性なら「ウィークグリップ」

フック系のボールは飛距離が出やすいですが、タイミングを間違えるとチーピンが出やすく、OBのリスクが高まります。

一方でスライス系のボールは飛距離が出にくいですが、OBになるような弾道になりにくく、方向性に関しては安定しやすいという傾向があります。

飛距離より方向性を重視するならウィークグリップがオススメです。
またフック系のミスに悩んでいる人にオススメですね。

ウィークグリップは、左手をナックルが2個~1個半見えるように握ります。
右手は左手の上からかぶせるように握ります。

このような握り方をすることでクラブフェイスが返りにくくなるのでフェイスが閉じにくくなります。

「テンフィンガーグリップ」もアリ?

テンフィンガーグリップはその名の通り、10本の指で握るグリップです。

野球でバットを握るのと同じ握り方なので馴染みやすく、何となく初心者が採用するグリップというイメージがあります。

ただ、プロゴルファーでも時松隆光選手などはテンフィンガーグリップで握って結果を残しています。

基本的には右手の力を使いやすいというメリットがある一方で力みが出やすいというデメリットがあります。

どうしてもインターロッキンググリップやオーバーラッピンググリップがしっくりこないという人は試してみると良いかもしれません。

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

時松隆光選手のようにテンフィンガーグリップで結果を残しているプロゴルファーもいますのでゴルフクラブの握り方に正解はありません。

ただ、握り方で出やすい弾道の傾向がありますので、研究し自分のスイングに適している握り方を探すことが大事ですね。

ぜひ、参考にしてみて下さい!

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事