グリーン周りで使う「ウェッジ」とは?選び方【ゴルフ初心者】 | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > グリーン周りで使う「ウェッジ」とは?選び方【ゴルフ初心者】

グリーン周りで使う「ウェッジ」とは?選び方【ゴルフ初心者】

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

グリーン周りで使用するアイアンをウェッジと呼びます。

ウェッジには種類があり、

・ロフト角で呼ばれることもありますし、
・アプローチウェッジ、サンドウェッジなど名称で呼ばれることもあります。

また同じロフト角でもウェッジの種類によって特徴があります。
スピンのかかりやすさなどもウェッジによって違います。

グリーン周りのアプローチはゴルフのスコアに大きな影響があります。
グリーン周りのアプローチが上達するほどゴルフのスコアは自然と良くなるはずです。

そのためには、ウェッジ選びが大事。

状況によって適切なウェッジを選ぶことで、高い球でフワッと上げるアプローチ、低い球で転がすアプローチなどグリーン周りの引き出しが多くなります。

ということで今回はウェッジの種類と選び方について説明します。

ウェッジって何?

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ウェッジとは、ゴルフのラウンドでグリーンに近くなった時に使うクラブの総称です。

一般的には9番アイアン以下のクラブをウェッジと呼びます。

ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジなどと呼ぶこともありますし、アプローチウェッジ以下のクラブは52度、58度などロフトの角度で呼ぶこともあります。

一般的にアイアンセットに入っているのはピッチングウェッジまでです。

ピッチングウェッジよりもロフト角が小さいものはウェッジと呼ばれ、アイアンとは区別されることが多いですね。

難しいウェッジと簡単なウェッジがある?ウェッジの種類を解説

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ウェッジは自分に合っているものを選ぶことが大事です。

ウェッジはバウンス角ロフト角ヘッドの大きさなどいくつかの点で違いがあります。

例えば、バンカーが苦手な人はバウンス角が大きいウェッジを選ぶなどウェッジ選びによって苦手なバンカーショットを克服できる可能性もあります。

中にはバンカー脱出に定評があるサンドウェッジなどもありますので、バンカーが苦手な人はバンカー専用ウェッジとしてこのようなウェッジを一本キャディバッグに入れておくというのもひとつのコースマネジメントですね。

基本的には、ロフト角、バウンス角の大きさ、ソール幅の広さなどに注意してウェッジを選ぶのがポイントです。

ロフト角とバウンス角とは?

ロフト角とは、ボールが飛ぶ角度と考えればわかりやすいかもしれませんね。

ウェッジに関しては、ロフト角が大きいほどボールは高く上がり、飛距離が落ちるというイメージでOKです。

一般的にはPWのロフト角が44度~48度と言われています。

PWより下の番手は4度刻みで選ぶのがポイントです。
PWが48度なら52度、56度をキャディバッグに入れておくと距離計算がしやすいです。

バウンス角とは、簡単に言うと、ソールのでっぱりの角度のことです。

これが大きいほどヘッドが地面に刺さりにくく、滑りやすいと言われていますのでザックリが多い人はハイバウンスのものを選ぶと良いかもしれませんね。

ウェッジの種類 ソールに違いがある?

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ウェッジを選ぶ目安としてソールの種類が重要です。

初心者にオススメなのはやはり幅広ソールと言われるものです。
これは、単純にソール幅が広いものということですね。

幅広ソールは基本的にはダフリにくく、バンカーから脱出しやすいという特徴があります。

一方で上級者向けなのが、多面ソール。
こちらはソール幅が狭く、ヘッドも小さいという形状です。

ボールがコントロールしやすいのでボールを高く上げる、低くするなどの調整がしやすいですから上級者に好まれる傾向があります。

オススメのウェッジ 3選

ウェッジの種類をまとめると、初心者ゴルファーは幅広ソールのウェッジを選ぶのが良いかと思われます。
但し、見た目やカッコ良さというのも大事です。
ということで、オススメのウェッジを3つほど紹介します。

タイトリスト ボーケイデザイン SM7 TC ウェッジ

タイトリストのウェッジブランドボーケイは、顔が良く見た目が美しいウェッジです。
ツアープロの使用率も高く、ボールコントロールに対して定評があるウェッジです。

初心者には少し手を出しにくいウェッジですが、SM7に関しては、高いスピン性能を持ちながら初級者~上級者まで幅広い層のゴルファーが使用することができる設計となっていますから、初心者でも思い切ってボーケイを購入するというのもアリです。

フォーティーンC036 FORGED ウェッジ

やさCウェッジとして多くのゴルファーを救ってきたフォーティーンのウェッジCシリーズを踏襲したモデルです。

特徴的なのは、ソール形状。

ワイドキャニオンソールによって、ダフリにくく、ミスに強い設計となっています。
ダフリが多い初心者ゴルファーにオススメのウェッジです。

キャスコ ドルフィン ウェッジDW118

キャスコのドルフィンウェッジと言えば、バンカーからの脱出に定評があるウェッジです。

ゴルフ初心者が最も苦労するアプローチと言えばバンカーですよね。
バンカーから何打打っても脱出できない・・・ゴルフをやっている人なら一度は体験したことがあるケースだと思います。

一度苦手意識を持ってしまうと、長い間苦手になってしまうのがバンカーショットです。

ドルフィンウェッジは、クアッドソールと呼ばれる独自の設計で、バンカーの際にヘッドが砂に刺さるバンカーショットのミスの典型と呼ばれるパターンをかなり高い確率で減少させてくれます。

バンカーショットを苦手から得意に変えてくれるかもしれませんね。

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ゴルフのスコアアップをしたいなら、アプローチが大事。

特にグリーン周りのアプローチは重要です。

自信を持ってアプローチをするためには、ウェッジ選びが大事です。
ゴルフは道具を使うスポーツ。
アプローチが苦手な人は、道具であるウェッジを変えるだけで改善する可能性があります。

ロフト角、バウンス角、ソール形状など若干ややこしいので初心者ゴルファーは覚えるのが大変かもしれませんが、自分に合ったウェッジに出会うためにも最低限の知識は覚えるべきです。

 

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事