ヘッドスピードを上げる ゴルフスイングのコツとは? | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > ヘッドスピードを上げる ゴルフスイングのコツとは?

ヘッドスピードを上げる ゴルフスイングのコツとは?

#

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ゴルフスイングにおいてヘッドスピードを上げることは、大きな課題であり、ヘッドスピードを上げることで飛距離を伸ばすことができます。

ヘッドスピードとは、インパクト時のクラブヘッドのスピードのことです。

「飛距離はヘッドスピードだけではない」と言われることがあり、確かにヘッドスピードだけではないと思いますが、飛距離アップにおいて最も効果が高いのは、ヘッドスピードを上げることであることは間違いありません。

ヘッドスピードを上げるために必要なことは、様々な要素がありますが、基本的には筋力アップ、スイング改造などの練習が必要です。

また、クラブを変えることでヘッドスピードが上がることもあります。

ということで今回はヘッドスピードを上げるための方法について解説したいと思います。

ヘッドスピードと飛距離の関係

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

推定飛距離の計算式は以下のようになります。

  • 推定飛距離=ヘッドスピード×ミート率×4

ミート率とは、簡単に言えばいかにボールを芯で捉えることができるかという数値であり、プロゴルファーで1.4程度、アマチュアゴルファーなら1.3程度と考えれば良いかと思います。

例えばヘッドスピード41m/sのゴルファーのミート率を1.3に固定して計算すると、
41×1.3×4=213.2 約213ヤードというのが、ドライバーショットの推定飛距離となります。

これを見れば、単純にヘッドスピードを上げることができれば飛距離が伸びることは一目瞭然ですね。

まあ、実際には他にも様々な要素が絡んでくるのですが、単純にヘッドスピードを1上げることで飛距離は5ヤードほど伸びることに期待ができるのです。

ヘッドスピード=体力ではない

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ヘッドスピードの速さは、筋力であったり、下半身の使い方であったりと体力的な要素が強いと言われています。

ですから、野球などの球技をやっていた人、筋力がある人は基本的にはヘッドスピードが速い、高齢者よりは若者の方が、ヘッドスピードが速い傾向があります。

つまり、ヘッドスピードの速さは体力に比例する傾向があるということです。

ただ、ヘッドスピード=体力ではないので筋力が弱い人でもコツを覚えれば、ヘッドスピードの上昇は不可能ではないので諦めてはいけません。

ヘッドスピードを速くするコツは、道具を上手く使うことです。

例えば、シャフトのしなりを利用する、インパクト付近でヘッドスピードが最大になるようなスイングを身につける、又は、長尺ドライバーなどを利用して遠心力を向上させるなどという方法があります。

力いっぱい振るのではなく、いかに速く振るかを考えて練習するのがポイントです。

自分のヘッドスピードを知る ヘッドスピードの平均値は?

ヘッドスピードを速くするためには、まず自分のヘッドスピードを知ることが大事ですね。
ヘッドスピードを測定するためには、いくつか方法があります。

■一つ目は、ポケット型の簡易測定器を購入して自分で測るという方法。
昔はかなり高額でしたが、ユピテルの測定器など10,000円前後で購入することが可能です。

■二つ目は、ゴルフ5などゴルフ用具の大型量販店で試打をさせてもらう方法。
ほとんどの店舗でしっかりとした測定器を揃えていますので、無料でヘッドスピードを測ることができます。

ゴルフショップの測定器はやや甘め(実際よりも速め)になっているという説もありますが、大体のヘッドスピードはわかります。

■三つ目は、シュミレーションゴルフなどを利用する方法。
こちらもかなり設備が整っているので正確なヘッドスピードを測定することができます。

ヘッドスピードの平均値は以下の通りです。

  • アマチュアゴルファー男性 38~43m/s
  • アマチュアゴルファー女性 34m/s
  • 女子プロゴルファー女性 40m/s
  • アマチュアゴルファー男性(ハードヒッター) 47m/s以上

大体ですが、上記のような感じです。

どちらにしても、自分のヘッドスピードを知ることで初めて目標が設定できるので自分のヘッドスピードを測定することは大事です。

腕を速く振るためには、下半身が大事

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ヘッドスピードを速くするためには、上半身よりも下半身を使い方が大事です。

野球をやっていた人は、下半身の使い方が上手いのでヘッドスピードが速い傾向があります。

下半身の使い方というのは、体重移動です。
アドレスからバックスイングで右側に体重移動してダウンスイング開始時から体重を左に移動させ、フィニッシュでは左側に体重移動するというのが正しいゴルフスイングです。

「正しい体重移動」をすることでヘッドスピードが速くなります。
上半身の筋力を向上させても、この基本的な体重移動ができなければヘッドスピードは上がりません。

ヘッドスピードを上げたければ、正しいスイングを身につけるのが、最も早い方法です。

大きな体重移動をすればそれだけ遠心力が上がるのでヘッドスピードは向上しますが、スイング軸が崩れやすくなるというデメリットがあります。

ボールをどれだけ遠くに飛ばすかを競うドラコン大会があり、ドラコンプロと言われるプロゴルファーもいます。

ヘッドスピード70m/s以上のドラコンプロも世界にはいます。

一度観てみるとボールをどうやって飛ばしているかが、わかると思います。
彼らの体重移動の仕方を見れば、やはり遠くに飛ばすことだけを考えれば大きな体重移動が必要であることがわかります。

ヘッドスピードを上げるための練習器具3選

ヘッドスピードを速くするために効果的な練習方法として、ヘッドスピードを速くするために考案された練習器具を購入するという方法があります。

スーパースピードゴルフ

フィル・ミケルソンも愛用している練習器具です。

理屈としては、通常のクラブと違い、グリップ寄りに重量が配置されているカウンターバランス設計になっている棒状の練習器具を使って素振りをすることで、ヘッドを走らせる感覚を身につけることができます。

ヘッドスピードを上げるためには道具を上手く使うことが大切ですが、この練習器具を使って練習することで感覚としてクラブの使い方を身につけることができます。

価格帯は20,000円前後ですね。

パワフルスイング

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Golfit!(ゴルフイット) LiTE(ライト)日本正規品 パワフルスイング …
価格:3980円(税込、送料無料) (2020/11/27時点)

楽天で購入

 

ヘッドスピードを上げるためには、重いものを振るというのが効果的な練習方法です。
軽いものばかり、振っていると知らず知らずの内に手打ちになってしまいます。

また、重いものを振ることでクラブを振るための筋力アップにも繋がります。

パワフルスイングは、簡単に言ってしまえば野球のバットのような練習器具です。
700g前後あるこの重いバットのようなものを振ることでヘッドスピードの向上に期待できます。

価格帯も5,000円前後でコストパフォーマンスは抜群です。

ヘッドスピーダー

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

柔らかいムチのようなシャフトにスポンジ状のボールがついている練習器具です。
インパクト付近でボールの音がするので、この音を手前で鳴らすように練習します。

基本的には、この練習器具はヘッドスピードが速くなるように設計されていますのでこの練習器具を振ることでヘッドスピード+10m/s程度の感覚を体験することができます。

このような疑似体験をすることで脳にクラブを速く振る感覚を覚えさせるというのがこの練習器具の理屈です。

しなりを上手く使えば、ヘッドスピードは上がる

ヘッドスピードを体力の向上以外で速くするためには、「道具を上手く使うこと」が大切です。

ゴルフにおける道具を上手く使うポイントは、シャフトの「しなり」を上手に使うことです。
シャフトをトップでしならせてインパクトで解放させるという動きを覚えれば、ヘッドスピードを上げることができます。

■ グリップを柔らかく握る

個人的にシャフトをしならせるために大事なことは、リラックスして上半身を力まず抜いた状態からインパクトで一気に開放させることが大事です。

トップの時点でガチガチに力んでいる人を良く見ますが、これではシャフトはしなりません。

上半身をリラックスさせるためには、グリップを柔らかく握ることが大切です。
“小鳥を持つくらいの力加減”などと言われますが、まさにそのようなイメージで良いと思います。

イメージ的にはトップまではできるだけ柔らかくクラブを握ってインパクトの瞬間でギュッと握ることでしなりが生まれます。

■ 下半身リード

しなりを上手く使うためには、タイミングが大事です。

タイミングをとるために大事なことは、下半身リードという考え方です。

これは、言葉で伝えるのは非常に難しい、つまり感覚の問題であるのですが、敢えて言葉で伝えるなら、トップからダウンスイングに入るときに下半身が先に回転し、その後にクラブが遅れてついてきて、インパクトで力を解放させるというスイングをすると、しなりからしなり戻りを上手く使うことができ、飛距離アップに期待できます。

これは、感覚の問題ですので、脳で考えるより、練習をすることで掴んでいくしかありませんが、トップの時点で少し止まるように意識すると、下半身リードの感覚を掴みやすいので是非、試してみて下さい。

ヘッドスピードを上げるための筋トレ3選

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ヘッドスピードを上げる最も単純な方法は“体力の向上”です。

体力の向上をしたければ、筋トレが大事。
時間はかかりますが、地道な努力はきっと報われるはずです。

スクワット

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

昔からある下半身(太もも)の筋力アップトレーニングです。

ゴルフスイングの安定において下半身の安定は大切ですから、日々トレーニングしておくことが大事です。

注意点は、「姿勢を正しくすること」です。

背中を丸めてスクワットをすると、腰痛などの原因となりますから、頭からお尻までを一直線にすることを意識しましょう。

ダンベルデッドリフト

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ダンベルデッドリフトは、広背筋から太ももまで鍛えることができる筋トレです。

  1. ダンベルを両手に持ち、肩幅くらいに脚を開く。
  2. 前傾姿勢を作る。この時に背中が丸まらないように気をつける。
  3. 前傾姿勢から上体を起こす、この時に広背筋を意識して寄せる。
  4. 15回1セットを複数回実施する。

広背筋の筋力アップはヘッドスピードアップにつながりますし、体幹の向上にも役立ちます。

肩甲骨の可動域を上げるストレッチ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ゴルフスイングにおいて肩甲骨の可動域を広くすることは大事です。

石川遼プロの肩甲骨の可動域がびっくりするくらい広いのは有名な話ですね。

1.両手を上に伸ばして肘が耳の後ろになるようにする
2.腕を伸ばしたまま、ゆっくりと左右に倒す
3.左右5回ずつ倒す

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

ヘッドスピードは体力的な要素が強いからと言って諦めていた人は、今回紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。

ゴルフは道具を使うスポーツ。
道具を上手く使うことができれば、体力がなくてもヘッドスピードを上げることは十分可能です。

今回、紹介した方法をぜひ、試してみて下さい!

#

Golfkon Tokyo

ゴルフコン東京は、人気のゴルフを一緒に楽しみながら男女の出会いを楽しめちゃうとてもお得なゴルコン。
東京都内にて毎月開催。
ゴル友作りに婚活に。
開催スケジュールはこちらから↓
ゴルフコン東京

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事