ゴルフ初心者のスコアはどれくらいが平均??150?160?【初心者のスコア】 | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコラムTOP > ゴルフ初心者のスコアはどれくらいが平均??150?160?【初心者のスコア】

ゴルフ初心者のスコアはどれくらいが平均??150?160?【初心者のスコア】

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

ゴルフの初ラウンドは楽しみですよね。

ゴルフの初ラウンド前はしっかりと練習をして、練習の成果を本番で出すことができれば嬉しいものです。

ゴルフはスコアをつけるスポーツです。

初心者が初ラウンドでいきなりPARプレーのラウンドすることは不可能ですが、ある程度の目安は欲しいものです。

初ラウンド後も段階的に目標スコアを設定することも早く上達するポイントです。

今回は初心者ゴルファーが初ラウンドで目指すべきスコア、そこからどのようにスコアアップをしていけば良いのかを説明します。

 

初心者ゴルファーの初ラウンド 平均スコアはどれくらい?

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

初心者ゴルファーの初ラウンドはワクワクするものです。
初ラウンド前日は、ドキドキして眠れなかった・・・などという声もよく聞きます。

ゴルフは練習と本番のラウンドではかなり難易度が違います。
練習場では上手く打てても、ラウンドでは何故か上手く打てない・・・
というのもゴルフではよくあることです。

おそらく、初心者ゴルファーの初ラウンドは120~150くらいが多いのではないかと思われます。
130をきることができれば、素晴らしいと思います。

初心者ゴルファーは、まずは110をきることを目標に

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

初心者ゴルファーがまず目指すべき壁は110の壁です。

110というスコア。

ゴルフをやったことのない人は、ゴルフが下手な人のスコアと考えるかもしれませんが、110でラウンドできれば誰と回っても恥ずかしくない自慢できるスコアです。

パープレーで72ですから、全てのホールで+2ダブルボギーでラウンドすることができれば良いと考えれば、簡単そうですが、実際は中々難しいです。

OB、池ポチャ、4パット・・本番のラウンドでは多くのミスが出るからです。

ゴルフのスコア110前後でラウンドすることができれば、アベレージゴルファーと呼ばれる平均的なゴルファーと言って良いでしょう。

難しい?簡単?100切りの壁

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

“ゴルフで100をきる”というのは、一般的に初心者ゴルファーの目標とされていますよね。

99でラウンドすることは、簡単だったという人もいますし、十年以上ゴルフをやっていても100ぎりできないゴルファーも多くいます。

難しいように思える100ぎりですが、+27でラウンドすれば良いと考えれば簡単です。
つまり、9ホールボギーで上がり、残りの9ホールをダブルボギーで上がれば良いのです。

ゴルフを5年くらいやっている人なら誰もが100をきる技術を持っていると思います。
大切なのは考え方。
ボギーとダブルボギーでラウンドすれば良いと考えれば、簡単に100ぎりを達成できるはずです。

初心者ゴルファーはスコアよりもマナーを重視すべき

ゴルコン ゴルフコン東京 出会い コラム

初心者ゴルファーが良いスコアで回れないのは当たり前です。

ゴルフのスコアには、経験という要素が大きく関わってくるからです。

初心者ゴルファーが気をつけなければならないのは、スコアではなく、周りに迷惑をかけないことです。
スコアが悪いのは仕方がないとして、打数が多くてもスロープレーにならないようにすることが大事です。

・同伴者がショットを打つときは静かにする
・ボールを急いで探す
・ふてくされた態度をとらない
・打つまでに時間をかけない

このような基本的なマナーを守ることが楽しくゴルフをするコツです。

初心者ゴルファーがスコアアップするためにすべきこと

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

初心者ゴルファーがスコアアップをするためには、練習の仕方が大切です。
スコアアップに重要な要素を重点的に練習することで効率的にスコアアップすることができます。

スライスを直す

スライスは、多くの初心者ゴルファーが悩むところです。

スライスは、曲がりが大きいのでティーショットでOBになってしまう確率が高いからです。

ゴルフにおいてOBはスコアを崩す大きな要因です。
OBを打つだけで+2打の罰があるからです。

ティーショットがスライスして連続OB・・というのはよくあるパターンですね。

スコアアップするためには、OBを減らすことが大事であり、OBを減らすためにはスライスを改善すべきです。

初心者がゴルフを始めるといろいろな欲が出てきます。
飛距離を伸ばしたい、アイアンを高く上げたい、など多くの課題が見えてきますが、まずはスライスを直すことが大事。

スライスを改善することで自然と飛距離も伸びますからね。

アプローチを練習

練習場では、ドライバーなど大きなクラブを練習したくなりますが、実はゴルフのスコアを作るのはアプローチです。

また、ドライバーなどはその日の調子に左右されがちですが、アプローチは調子に左右されにくく、練習が結果につながりやすいです。

グリーン周りで行ったり来たり・・・このようなミスを減らし、グリーン周りまでボールを運べば確実に最低限グリーンに乗せることができるというところまで技術を上げれば、確実にスコアアップします。

意外?スコアを作るのはパター

18ホールで必ず使うクラブはパターです。
いつまでも3パット、4パットをしていればスコアは一向に良くなりません。

初心者ゴルファーは、3パット、4パットするのが当たり前です。
1ホール1打、パットでスコアを縮めればトータルで18打も打数が違ってきます。

パッティングの練習は自宅でも出来ます。
パターマットを購入するというのも良いですね。

また、ラウンド前の練習グリーンはパッティングを練習できる数少ないチャンス。
1時間前にゴルフ場に到着してパターの練習をすることでスコアアップにつながります。

まとめ

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

ゴルフ初心者の平均スコアは120~150程度ですが、ゴルフを上達したいなら、目標を高く持つことが大切です。

初心者ゴルファーはまずは110をきることを目指しましょう!

ポイントは、スライスを直す、アプローチ、パターという地味な練習を頑張ることです。
すぐに結果につながるはずです。

YOU MIGHT ALSO LIKE
記事