アルバトロスってなに?【ゴルフ】ホールインワンの数百倍の確率 | ゴルコンDE出会いを見つけよう -ゴルフコン東京-
ゴルフコン東京TOP > アルバトロスってなに?【ゴルフ】ホールインワンの数百倍の確率

アルバトロスってなに?【ゴルフ】ホールインワンの数百倍の確率

ゴルコン ゴルフコン東京 コラム

アルバトロスという言葉。
ゴルフをやっている人なら一度は聞いたことがある言葉だと思います。
ゴルフは、ホールごとの規定打数によって名称があります。
パー、バーディー、ボギーなどがそうですね。
アルバトロスもその一つです。
パー3において、1打でカップに入れることをホールインワンと呼びますが、アルバトロスはホールインワンの数百倍の確率であると言われています。
今回は、アルバトロスについて調べてみました。

目次
  1. アルバトロスってなに?名前の由来は?
  2. アルバトロスとホールインワンの確率を比較してみた
    1. ホールインワンの確率は?
    2. アルバトロスの確率は?
  3. 一生の自慢になる?アルバトロスが難しい理由
  4. 練習をせずにコースデビューするとゴルフが嫌いになる?
  5. プロゴルファーでも難しいアルバトロス
  6. 一応保険には入っておいた方がいい?

アルバトロスってなに?名前の由来は?

アルバトロスとは、パー5において3打少なくホールアウトすることです。
つまり、パー5において2打でカップインするということですね。
パー4において1打でカップインすると、ホールインワンであり、アルバトロスでもあります。

アルバトロスの名前の由来は「アホウドリ」です。
因みにバーディーは鳥、イーグルはワシです。
さらに、規定打数よりも4打少なくホールアウトすることをコンドルと呼ぶそうですが、パー5をホールインワンすることは、現実的には不可能ですよね…

ただ、コンドルを達成した偉人もいるようで、2007年にオーストラリアで16歳の少年が達成しています。
驚きですよね。

アルバトロスとホールインワンの確率を比較してみた

ホールインワンもゴルフをやっていて、一生に一度出るか出ないかの天文学的な確率ですが、アルバトロスはホールインワンよりもレアであると言われていますね。

 

ホールインワンの確率は?

ショートホールでホールインワンを達成する確率は、1万2000分の1であると言われています。

もちろん、ゴルフ上級者とゴルフ初心者とでは、ホールインワンする確率は変わってきます。
ゴルフが上手い人の方がホールインワンする確率は高くなりますのは当然ですよね。
ただ、プロゴルファーでも約3000分の1の確率であると言われていますから、奇跡的な確率であることは間違いありません。

アルバトロスの確率は?

アルバトロスを達成する確率は、プロゴルファーで10万~⒛万分の1であると言われています。
更にプロゴルファーと違って、パー5を2オンすることすら現実的ではないアマチュアゴルファーがアルバトロスを達成する確率は大幅に下がります。
推定100万分の1とも300万分の1とも言われていますね。

と考えると、アマチュアゴルファーがアルバトロスを達成する確率は、天文学的な数字になるということですね。

一生の自慢になる?アルバトロスが難しい理由

ホールインワンとアルバトロスでは、アルバトロスの方が、達成が難しいというのは、少し考えればわかりますよね。
一般的にはパー5のロングホールは、500ヤード近くあることが多いです。

アマチュアゴルファーでティーショットを250ヤード飛ばすことができれば、飛ばし屋と言われますが、500ヤードのホールでは250ヤード飛ばしても残り250ヤード距離が残ります。

となると、アルバトロスを達成するには、地面の上から250ヤード飛ばさなければならないわけで・・・
飛ばない人はそもそもチャンスすらありませんし、飛ぶ人でも250ヤードを地面の上から打ってホールインワンさせなければなりません。

アルバトロスが難しい理由が良くわかります。

プロゴルファーでも難しいアルバトロス

アルバトロスを達成する確率は、プロゴルファーでも10万~20万分の1と言われていますから滅多にお目にかかれるものではありません。

ただ、奇跡は起こるものです。
2011年、スタンレーレディスゴルフトーナメントで有村智恵が8番パー5でアルバトロスを達成した後に、16番ショートホールでホールインワンを達成しました。

同一ラウンドでホールインワンとアルバトロスを達成する確率は何と約1000万分の1。
信じられない奇跡が起こるのもゴルフの魅力ですね。

 

一応保険には入っておいた方がいい?

ホールインワンやアルバトロスを達成した時に、関係者に記念品を配ることや祝賀会を開く、記念樹を植えるなどの慣習があります。

最近では、このような慣習は若干薄れていますが、大きなコンペに参加することが多い人は保険に入っておかないと、いざ達成した時に喜べません。

でもアルバトロスに関しては、誰でも達成できるものではありません。
例えば、ティーショットで150ヤードしか飛ばない人は、物理的にアルバトロスを達成することは不可能です。

ただ一般的にアルバトロスに対する補償は、ホールイワン保険に付帯していることが多いのでホールインワン保険に加入していれば、アルバトロスも補償されることが多いです。

まとめ

アルバトロスは、ホールインワンよりも数百倍難しいというのは間違いなさそうです。
アマチュアゴルファーレベルでは、一生見ることができない確率ですね。

自分がアルバトロスを達成すれば、一生自慢することができますし、同伴者がアルバトロスを出すところを目撃しただけでも自慢できるレベルです。

ただ、有村智恵のホールインワンとアルバトロスの同日達成のように、あり得ないことが起こるのがゴルフです。
達成するのは難しくても、一度は見てみたいですね。